趣味と暮らしにまつわる「モノ」に一喜一憂するブログ

★【PORSCHE Macan GTS】を待ちながら その6:スタッドレスタイヤ&ホイール……を買ってしまった

PORSCHE Macan

フルでいくのらー\(^o^)/

ってなわけでついさっき買っちゃいましたよ、スタッドレスタイヤ&ホイール。


もちろん? Macan用のヤツです。
ええ、そうです。

気が早いにもほどがある!

と自分でも思います。
でも買っちゃったものは仕方ありませんよね?
もちろんタイヤもホイールも新品のセットです。

いや、冗談じゃありませんよ?
マジです。
大マジ。

改めて思いますけどSUVのタイヤってでかいですね。
CセグメントのミニサイズSUVなので決して広くはないXC40のラゲッジですが、なんとか問題なく収まりました。ムリすれば後2本くらいはイケそうです。

そうそう、ここでも固定用のクッションベルトが役に立ちました。
固定していないと急ブレーキかけた時とかヤバいですからね。

ちなみにMacanのタイヤサイズはXC40より1サイズ?大きくて、以前乗っていたXC60と同じ。
ということはXC60やMacanが属するDセグメント、つまり「コンパクトSUV」の標準タイヤはこのサイズなのでしょうね。
……って、どこがコンパクトやねーん!……。

◎またやってしまった……orz

ということで「やってしまった」シリーズです。
スタッドレスタイヤ……シーズン終了間際なのに!
それにクルマはまだ納車されてもいないのに!!
てゆーか、私のMacanはそもそも製造すら始まっていないのに!

ああ、それなのに♪それなのに♪……来シーズン用のスタッドレスタイヤを今から用意するとか……。
私、やっぱりアホですかね?

我ながらアレですね……先ごろ結婚したばかりの娘から「赤ちゃんできちゃった」なんていう電話がかかってきた翌日にはサクっとランドセルの予約をしちゃうようなアホアホなジジイですか? ってな感じですよね。

「どんだけ楽しみやね―ん!!」

とお思いでしょうが、それはちょっと違います。
いえ、納車が楽しみなのは間違いないのですが、楽しみと二人連れで理性を失って買ったわけではありません。そもそも楽しみにするには先が見えなさすぎて「本当にMacanをかったんだっけ?」と思い始めているくらいで……。
というか、このスタッドレスタイヤはですね……
極めて理性的な、
つまり戦略的な、
すなわち用意周到な、
つまり合理的な理由によって、
要するに必然として購入されたものだったのです。

○お買い得だった

かんたんにいうと、そういう話です。
色々書きましたが、本当にたまたま出物があって、それは納車後、シーズン直前に購入するよりもお得だと判断した結果なのでございます。

普通なら早くても新しいスタッドレスタイヤが供給されだす9月以降に早期割引セールなんていうヤツに乗っかって(そんなセールがあるのかどうなのか知りませんが)購入するのが最も合理的であろうと思います。
つまり私がXC40の為にスタッドレスタイヤを準備したようなタイミングが「賢い」やり方だと信じて疑いません。

補足しましょう。
「正しいタイミング」の何が正しいのかというと、理由は2つあります。

一つ目はタイヤライフの観点からみた「正しさ」です。
タイヤは製造された瞬間から、つまり走らなくても徐々に劣化しますので、必要になる直前に買う方が「長もち」します。

2つ目の理由は経済の観点からみたものです。
手元に100万円あると仮定しましょう。
今100万円を支払った場合、8ヶ月後、手元には1円もありません。
しかし、手元にある100万円を8ヶ月間「運用」したとしたらどうでしょう?
100万円は101万円になっている可能性があります。
つまり、今の100万円は8ヶ月後には100万円以上になっている可能性があるということ。
「支払いは後回しにすればするほど有利になる」という考え方からみると今必要でないものにお金を先払いするのは愚の骨頂、ということになります。

もちろん私はそれら2つの理由については理解していますが、それらを差し引いてもあからさま?に「お得」だと判断、すなわち「お得感」をチョイスしたほうが「お得」だと思った(思うことにした?)ので「ええい、ままよ」とばかり「それください」ってことになったのです。

もちろん少々悩みました。
普通なら超お買い得なんですが、人間の欲はとどまることを知りません。「待っていればもっとお得な商品にであうかもしれない。今買うと後悔するか」と考えました。
考えた結果、「今よりお得な商品が見つかったら舌打ちをしよう。見つからなければ快哉を叫ぼう」と決心。つまり「我が決断に悔いなし」という心境に至ったということです。

これは仕方ないと言うべきでしょう。
だって私、中学生の頃に茶道をやってましたからね。
なぜって? 昔からこういう「一期一会」ってやつに弱いんですよ。^^;
あと「限定」とかね。^^;;;;

◎19インチになるか、20インチにするか……

それが問題だ……。

というわけで、Macanを注文した直後から、すでにスタッドレスタイヤの購入準備はしておりました。
といっても、ホイールサイズを何インチにするか、でちょっと悩んだくらいなんですけどね。

私の場合、スタッドレスタイヤ用のインチダウンは基本的には「装着できる最も小さいホイールサイズ」に合わせます。
じゃあMacanの場合は何インチか、という話なのですが……。

Macan3 GTSのフロントブレーキのローター径は40cmくらいあります(390mm)。
これをインチに直すと15.6くらい。
じゃあホイール径は16インチあればいいのかというと、とんでも発奮歩いて5分ですよ?
ブレーキキャリパーの存在を忘れてはいけません。
コイツはローターの外側に出っ張ってます。
出っ張りがどれくらいなのかわかりませんが、余裕を持ってプラス1インチとします。
ホイール径とは直径なので、キャリパーが1インチ出っ張るということは直径は2インチプラスせねばなりません。
つまり16インチ+2インチで18インチです。
じゃあ18インチのホイールでオッケーなのか、というと、ここはダウトです。
なぜなら、18インチとか21インチというのは基本的にタイヤの内径を表す数値なのです。
つまり21インチホイールというのは「内径21インチのタイヤに合致したホイール」という意味です。

何が言いたいのかと言うと「タイヤをはめるホイールのリム部分には厚みがある」ということです。上記の計算はホイールのリム部分の厚みが0である事を前提にしたもの。
要するに計算上18なら実物の18インチホイールの内側、つまりブレーキローターが収まる空間の直径は18インチもない、ということにほかなりません。

というわけで、Macan3 GTSが履けるホイールの最小サイズは19インチということになります。
とはいえ、これは机上の結論。19インチだとブレーキキャリパーに干渉する可能性があります。

というわけで、PORSCHEの公式サイトをチェック。
具体的にはMacan用の純正ホイール&スノータイヤセットを見れば、何インチのホイールが用意されているかわかるということです。
すると、Macan3(公式サイトで2022年モデルはMacanⅢとなっています)のGTSは19インチからOKということが判明しました。
アバウトながらも私の机上の計算は正しかったということが証明されました。

が。
ここで安心してはいけません。
公式サイトに記載されているホイールサイズは、あくまでも「純正ホイール」、すなわちPORSCHEが指定したホイールなら19インチでOKということであって、サードパーティ、つまり社外品の場合はリム厚が違うので19インチだから何でもオッケーというわけではないのです。
PORSCHEの純正ホイールの多くは鍛造だと聞いています(リム部)。
鍛造リムは鋳造リムより薄いのが常識です。軽くする(要するに強度を出す)ための鍛造ですからPORSCHE純正ホイールのリムは鋳造の社外品より「薄い」と考えるべきでしょう。

つまり、まとめるとこういう事です。

PORSCHE純正ホイールなら19インチでOK。
社外品のホイールは余裕を見て20インチなら間違いなくOK。

ちなみにPORSCHE純正品はウインタータイヤ(たぶんNOKIANのスタッドレスタイヤのこと)込で一番安いヤツでも581,900円。4本セットだと200万円オーバー……。
まあ、これはないよね。^^;

そんなわけで庶民の私としては社外品しか選択肢がないのです。
じゃあ20インチ7日という話ですが、ここでちょっとMacan用の社外品ホイール事情をチェック。
というのもVOLVOの時は「VOLVOトレードイン」的な、つまりVOLVO車向けに純正といろいろ同サイズで売られている「VOLVO専用社外品」なるものが存在しておりました。
いや、VOLVOだけでなくVWにもBMWにもちゃんとそういうのは存在しておりました。
「PORSCHEにもあるでしょ、純正互換品」
そう思って探すと、ありました。
そのうちいくつかは日本でも普通に入手可能です。

○純正互換品ホイールについて

「(純正品と比べても)いろいろと同じサイズ」のものを純正互換品と呼びます。
単純に「装着可能」という意味ではありません。
具体的には、次の3つの項目が純正品と「同一」であることがその要件です。

1.PCD(ホイールナット円の直径)
2.ハブホイール径
3.リム幅とインセット(オフセット)

PCDはそもそもサイズが合ってないとホイールが装着できませんので互換も純正互換も何もあったものじゃありません。同一でないと話が始まりませんからね。
あ、あと5穴であることも。^^;

データシートをチェックすると、Macanのホイールは他のPORSCHEとは違っています。
VWやAUDI、BMWとかメルセデスの多くの車種と同じサイズ、112mmでした。
ここでひらめきます。
「よく考えたらMacanって旧型のAUDI Q5と基本同じシャーシじゃん。だったらAUDIとかVWのホイールが流用できるんじゃね?」
というわけで、更に調べますと、2のハブホイール径(66.5mm)もそれらと同一なものが多いことがわかりました。
これが意味するところはオーナーがPORSCHEなどの弱小メーカーとは桁が2つほど違うくらい多い、つまり「安く手に入る」可能性が出てきたということにほかなりません。
問題はインセットです。
データシートをチェックすると、PORSCHE純正のMacan GTSに使える19インチホイールのインセットは前8インチ+21mm、後が9インチ+21mm。

AUDI Q5は……あー、インセットが全然足りない。リム幅8インチだと+39mm。
この数字が意味するところは明らかで、PORSCHEはQ5と同じシャーシを使っていてもよりトレッドを広くとった設計をしているということになります。
つまりAUDI用のホイールを使うとタイヤが内側(ボディ側)に引っこんでしまうという意味です。そうなると操舵時にホイール内側のなにかと干渉する可能性が出てきます。
まあ、インセット18mm程度の差で干渉はしないとは思いますが、君子は危うきに近づかない系の私です。

ひとつ上のQ7やVW トゥアレグはどうかというと、こちらは+28mm。まだ足りません。

というわけで、安く入る可能性がある他社用ホイールは諦め、素直にPORSCHE Macan用をチョイスすることにしました。

PCD、ハブホイール径、そしてリム幅とインセットまで全く純正と同じ、すなわち純正互換品、というか「Makan専用」と歌っているホイールが何種類かあります。
そして20インチではなく、19インチでⅢ型Macan GTSに装着可能とのこと。
ありがたい。このあたり、台数が売れているMacanさまさまというところでしょう。

これでホイールの候補をⅢモデルほど想定することが出来ました。
値段には多少差があります。
このあたりは色やデザインとの兼ね合いも出てきます。

○タイヤ選び

PORSCHEには「PORSCHE承認タイヤ(Nタイヤ)」というものが存在します。
これはPORSCHEが「このタイヤならウチのクルマのカタログパフォーマンスをちゃんと出せる」というお墨付きを与えたタイヤで、いくつかのメーカーがその認定を受けています。

そのメーカーのひとつがNOKIAN。
日本では聞き慣れないメーカーですが、実はヨーロッパでは超有名。
ヨーロッパでこの時期にテレビを付けるとキミ・ライコネンが盛んに「お前ら、はめろや」と的に宣伝してます。
そう、キミの祖国であるフィンランドのタイヤメーカーです。
角田ユーキがブリジストンのタイヤCMに出ているような感じですかね?
しかもこのNOKIAN、ウインタータイヤ専業という男気あふれるメーカーです。
私もずっとこのNOKIANは使ってみたいと思っていたんですよね。
キミが宣伝しているで気になっているわけじゃなくて、スタッドレスタイヤの名前が私の心の琴線を震わせるからです。
その名も「ハッカペリッタ」
ね?
使ってみたくなるでしょう?

「スタッドレスタイヤは何を履いてるんですか?」なんて尋ねられたとき、「ブリザック」とか「アイスガード」とか「ウインターマックス」なんてダサいじゃないですか。
「ハッカペリッタです」って答えたいじゃないですか。
「なにそれ?」って言われてみたいじゃないですか。
「ブリザックです」だと「へえ」で終わりますけど「ハッカペリッタです」って言うと「え?」ってなって、そこから話が広がっていくじゃないですか。

という感じで、PORSCHE指定のNOKIAN Hakkapeliitta R3 SUVは大好物です。


ですが……。
一瞬芸用として買うにはチトお高い。^^;

「スタッドレスタイヤに一瞬芸はいらんのですよ」
心を鬼にして、私はプランBをチョイスするのでした。

○PIRELLI ICE ASIMMETRICOには255/50R19がなかった

いやね、XC40につけたこのタイヤ、けっこう気に入ってるんですよ。
何しろ高速道路でビシっと走りますから。
雪道?
氷結路?
シャーベット?
いや、全く走ったことがないので実力はさっぱりわかりませんが、高速道路でまったく不安なくビシっとしているという一点で、私のようなほとんど雪が振らない地域のドライバーが選ぶタイヤとしては満点に近いと思うのです。

なので「せっかく買ったばかりなのに、雪道を一度も走らず、その実力を知らないまま手放すのは切ない」という気持ちに応え、Macanにも迷わずPIRELLI ICE ASIMMETRICOを履かせよう」と思っていたのですが……。

255/50R19というタイヤが設定にないんです。

Macanは前後でタイヤ幅が違います。
(タイヤサイズ=外径は同じです)
後輪の方が太くて、19インチの指定タイヤサイズが255/50というサイズになります。
これはAWDながら通常はほぼ後輪駆動(2:8)、しかもMacanはSUVの面してますけど中身はハイパワー系のパフォーマンスカーなので同じ径ながら、後輪を太く、つまりサイドウォール部分を短くして接地面を増やし剛性を上げてバランスをとっているわけなんですが、そのしわ寄せと言っちゃなんですけど、パフォーマンス系のタイヤとは言えないPIRELLIのICE ASIMMETRICOには該当サイズが用意されていないのです。

同じPIRELLIでもスコーピオン ウィンターというパフォーマンスモデル用タイヤならちゃんと揃っています。


速度記号は、なんと「V」ですよ?「Q」しかない日本のブリザックとか日本のブリザックなんて裸足で逃げ出しますね。
しかもこれならPORSCHE承認のNタイヤも選べます。
でも……。
ええ「お高い」んですよ。^^;
「スコーピオン ウィンター買うくらいなら、ハッカペリッタ買うわ」となります。

前輪対応の235/55R19ならサイズはあります。
なので前後同じサイズを履かせるという手段もあるのですが、そうなるとリアホイールもフロントホイールと同じリム幅にしたほうが見た目も含めてタイヤとのマッチングはベターです。
でも、それはメーカーが想定している後輪のホイールサイズとは違うものになります。

今回はいろいろと面倒なので「完全純正互換サイズ」を目指すことにしているので、PIRELLIのICE ASIMMETRICOは諦めることにしました。

○PORSCHEといえば、MICHELINでしょ?

PIRELLI ICE ASIMMETRICOのセンが消えたので、イチからスタッドレスタイヤを考えることになります。
そうなると、私の場合は真っ先に思い浮かべるのがビバンダム君でおなじみ?のMICHELINです。
「PORSCHEといえばMICHELIN」というのが私のイメージです。
そして「私といえばMICHELIN」というくらい、個人的に信頼を置いているタイヤメーカーです。
スタッドレスタイヤも主にMICHELINを使ってましたしね……。

というわけでMICHELINの最新スタッドレスタイヤ、X-ICE SNOW SUVを第一候補として上げました。

というわけで、チョイスの理由をおさらいしておきましょう。

1.Macan用のサイズがある
2.サマータイヤ、スタッドレスタイヤの別なく長く使ってみて、個人的に最も気にいっており、最も信頼しているメーカーである
3.スタッドレスだけど、速度記号はHで(210km/hまでOK。日本メーカーのスタッドレスタイヤは全てQ=160km/hまで)、高速道路での安定性が担保されている

問題は……ハッカペリッタやスコーピオンほどじゃないけど、けっこう高い事ですね。

そうそう、MICHELINはフランスのタイヤメーカーですが、スタッドレスタイヤは日本(北海道)で開発しているというのはMICHELINファンの常識です。
※日本の冬道はドライ、新雪、圧雪、アイスバーン、シャーベット、水たまりなど、100mも走れば路面状況がコロコロと変わるという、世界でも最も過酷なシチュエーションがあるので群馬県(太田)のR&Dで開発しつつ、テストコースを北海道(士別)に設け、日夜がんばっていらっしゃるわけなのです。
※以前はMICHELINは日本に工場も持っていたのですが、そちらは世の中の流れに逆らえず? すでに閉鎖しております。

○在庫整理という名前の一期一会

というわけで、ホイールについては3種類、タイヤは基本的にMICHELINのX-ICE SNOW(SUV)に仮決定。

あとは細かいところですが色。

これについてはシルバー系で行こうと考えておりました。
というのも、MacanⅢのGTSのホイールはブラック。スタッドレスタイヤ用のホイールもブラックの方が断然収まりがいいのは間違いないところですが、せっかく違うタイヤ&ホイールを履くんだから、全く違う表情を楽しみたいと思い、スタッドレス用はシルバー系で、と決めておりました。そもそもシルバー系の方が選択肢も多いですしね。

そんな感じでほぼ仕様が固まったMacanⅢ用スタッドレスタイヤ……この秋に購入することを想定して予算確保のために色々と値段チェックをしておりました。

で、そんなある日のこと。
「こういう組み合わせだとナンボ?」と私が聞くと
「あー、うん……? え? あのさ、それってMakan用?」
「そうっス」
「だ、だ、だ、だ」
「だ?」
「こほん。……だとしたらちょっとイイ話があるんだけど、聞く?」
「?」

ということでまさにその組み合わせの在庫があるというじゃあーりませんか。
もちろんどちらも新品です。

「これくらいで」
「マジっすか?」
「マジ。ただし今だけの限定価格だから」
「在庫整理ってこと?」
「シーズン終わりだし、まあそんな感じ?」

な・な・なんと、TPMS(タイヤ空気圧センサー)込みで予定額より大幅に安い金額が提示されました。

「ちょっとだけ待って。悩むから。3分ちょうだい」
結果、対して悩まず。^^;

「買った」
「よっしゃあ、もってけドロボー」(死語的やりとり?)

という感じで(会話は実際とは違います^^;)、TPMS付きの完全互換、しかも想定していたMICHELINのスタッドレスタイヤ付きのものを手に入れてしまったのでした。
次のシーズンまでまだ10ヶ月くらいあるのに。

真実はわかりませんが、私がゲットしたスタッドレスタイヤ&ホイールってほぼ間違いなく誰かがMakan用に注文していたものの、何らかの原因でキャンセルになりショップで浮いていたヤツでしょうね。
Makan用のスタッドレス&ホイールがこの時期にガンガン売れるとは思いませんので、ショップは在庫を捌けてラッキー、私は1シーズン弱早く買うことになったものの、その分割安で入手できてラッキーで、いわゆるwin-winの関係ってヤツなのでしょうね。

で……。
買ったはいいけど、本当にMacanⅢのGTSに嵌るの?
嵌るよね?
ね?
……。

 

コメント

  1. かんた より:

    こんにちは。
    冬用の準備万端ですね。
    こちらは2月納車予定でしたが、1月から豊橋港で足止めされて、昨日店舗に配車されました。半導体の不足の影響で部品待ちと説明されてから長かったです。

    ネット上で情報が飛び交ってますが、今年生産分から一部オプションが付かないような話でした。担当営業にご確認されたほうがいいかと思います。

    • Natsumi AmagaseNatsumi Amagase より:

      かんたさん、コメントありがとうございます。
      長く待たされたようでですが、いよいよ納車ですね。
      昨日ディーラーに来たということは今週末までには納車ですかね。
      どちらかはぞんじあげませんが、今週末は天気がいい地域が多いようです。
      同じマカン乗りとして(まだ乗ってませんが)よい納車日になることを願っております。

      一部オプションがつかない件ですが、私の発注は今年に入ってからです。
      発注時に営業氏がネゴシエートが異常に遅いサーバーに繋いでコンフィグしつつ、オプションごとにOKかどうかのチェックを慎重にやってくれていたので大丈夫と思いたいのですが、日々変動する世界情勢を見るに色々と心配になっております。
      3月に入ったので私の個体の予定生産月なのですが、どうなることやら。
      経験上、自動車ディーラーの営業というものをハナからあまり信頼していない(^^;)私としては、しばらくは担当氏の対応待ちを決め込もうかな、と思っております。
      情報をちゃんとタイムリーに投げてくれる人なのか、こちらから訪ねて初めて回答するタイプなのか、レスオプションなどの変更についてもきちんとお詫びをしてくれるのか、ただ「変わりました」で済ませるのか、みたいなことを観察して、今後の付き合い方を決めるつもりです。まあ、実際には特に態度を替えるとかはないとおもいますけど。

      ダメなものはダメというか、つかないものはつかないでしょうし、オーダー輸入車ってそういうものですしね。
      とはいえ覚悟だけはしておきます。精神的なガッカリ感が多少やわらぐでしょうしね。

      納期についても、当初の予定だと私の個体はこの3月の生産枠でそのままスムーズに運べば6月には納車されそうなのですが、ここへ来て先般ポルシェを1100台ほど積んだ北米行きの貨物船が火災にあったという記事を読みました。
      私のクルマが生産された後なら何台燃えてくれていいんですが、1100台のうち3割がMacanだとすると、330台位でしょうか。それが全部再生産されるとなると、ライプツィヒのマカンラインにそれだけ割り込みが入るわけで、そうなると私の個体が予定通り3月中にラインオフされない可能性もあります。
      なのでその辺りも担当氏から連絡がなくとも「覚悟」はしておくつもりです。

      それにしても調べてみるとポルシェは通常時であっても日本での滞留日数が異常に長いですよね。
      VWのあの巨大なPDIセンターでVW系と一緒に粛々とやってるんならもっと早いでしょ?と思っていたのですが、通常でも上陸から1ヶ月以上かかるのはザラらしいですね。
      VOLVOなんて2週間で納車されるんですけど、VWとかVOLVOと違ってポルシェは日本版に修正する箇所が多いんでしょうかね。

      ところでかんたさんの個体はオーダー通りだったんですよね?
      羨ましい限りです。(^^)

  2. かんた より:

    Natsumi Amagaseさん、おはようございます。

    納車日は週末か来週で調整中です。気分的には天気がいい日が嬉しいですね。

    悩みぬいたオプションは付いてるはずです。営業さんからは何も言われてないので大丈夫だと
    思います。色んなタイプの営業さんが居るので個人的に合うかどうかで、いつも判断してます。
    車は気に入ったけど、対応がイマイチで止めた時もありました。

    予定通り生産されて、納車されるといいですね。

    お先にマカンを楽しませてもらいます(笑