趣味と暮らしにまつわる「モノ」に一喜一憂するブログ

★【PORSCHE Macan GTS】を待ちながら その2:諸費用の精査

PORSCHE Macan

ちゃろー(^^)

クルマ買ったらついてくる「諸費用」、高いっすよね

その諸費用をじっくり眺めてみようという企画(企画??)です。

◎諸費用を精査する

さて、今回は注文書を細かくチェックしていこうと思います。
これはPORSCHEとかMacanとか関係なく、これからクルマを買おうと思っている人に多少なりとも参考になる……かもしれないと思いつつ、主に私の備忘録として残しておきたいと思います。

諸税に関してはディーラーやメーカーは基本的に関係なく国が定めたものなので違いはありませんが、その他の手数料的なものはディーラーが好き勝手に設定していることもあって、かなり差があるのが実情です。
今回は参考までに、XC40を購入したディーラーの費用と比較してみようと思います。

「高いからダメ、安いからいい店だ」なんていうつもりはありません。
ディーラーの広義での「おもてなし」の差が費用に反映するのは当然ですし、ディーラーの方針やシステムによっても維持費が違うでしょうし、ましてや立地は維持費に直結する部分です。加えてブランドのCIなどの事情もあるでしょう。
なので比較はしますが批難はしないというスタンスで読んでいただければ幸いです。

私?
私は普通に文句いいますよ。大人げないので。^^;

◎ディーラーオプション

私の場合はここに記載されているのは2項目のみ。


見積段階ではドライブレコーダーとコーティング費用が計上されていました。
コーティングは専門業者に任せたいので割愛。
ドライブレコーダーは納車日が決まった頃に再考するつもりで注文書からは省きました。
その当たりは別記事に詳しゅうございますゆえ、興味のある方は是非。

★【PORSCHE Macan GTS】を待ちながら その1:予想外の出費
やっはろー(^^) 今回は新車購入時後に「あるある」な話題です 注文書にハンコを押して申込金を払ったら、あとはひたすら待つだけの日々。 そう、ここのところ、私はもはや何もやることがないのです。 Macanをオーダーするまではあん...

○ETCセットアップ費用:4,000円(税込、以下同じ)

PORSCHE MacanはETC2.0の車載器込みの値段になっています。
日本に陸揚げされて仕向地仕様にされる際にETC2.0車載器が標準搭載されます。
これはXC40も同様、車両本体価格に含まれていました。
XC60まではアタリマエのように車載器と取り付け料金、セットアップ費用がディーラーオプションとして計上されていましたので、車両本体込みだったXC40にはちょっと驚いたものです。

おそらくですが、これにはメーカー(インポーターというべきか)側の事情も絡んでいると思います。
昨今、クルマは様々な通信・電波がらみの問題があるというか、まみれているというか、つまり受信環境としてのクルマは新しくなるほど劣悪になってきています。
なのでアンテナの設置場所のスイートスポットが狭いモデルが増えていて、ディーラー側のスキルでは対応しきれない場合が多い、つまり「どうせみんな付けるんでしょ? だったら最初から問題がない場所に取り付けとくから。でもきちんとカネはとるから」ということでしょう。

こうすることでディーラー側としては納車前整備がちょっと楽になるし、ちょっとした取り付けミスでオーナーから「感度悪いんだけど」なんていうクレームも減るしで、win-winな方法だろうと思います。

最初から取り付けられているのに、なんでセットアップ料金とかとるの?

なんて思う人もいるかもですね。
セットアップとは「取り付け」とは違うのです。
ETC車載器はそのままでは使えません。
ETCの元締めのサーバーに登録してアクティベーションする必要があります。
その登録・アクティベーション手数料だと考えてください。
具体的には車載器にそのクルマのデータのインプットなどを行うわけです。
簡単なところでは二輪車や軽自動車、普通車や大型車で通行料金が違うじゃないですか。そのへんの区分をするためだったり、ETC2.0だとそれらにくわえてより詳細な車両情報が必要になります。
個人情報は入力されませんが、ナンバーは登録されますので、ナンバープレートが変わった場合は変更セットアップが必要になります。
(勘違いされている人も多いですけど、クルマのナンバーは個人情報ではない、ということですね)

ちなみにこのセットアップは個人ではできません。許可された業者飲みが可能です。

問題は料金ですが、これはまあ妥当なところでしょう。
ちなみにXC40は3,300円でした。
オートバックスなどをチェックするとだいたい3,000-3,500円くらいなので、VOLVOディーラーは良心的ともいえます。
が、PORSCHEのディーラーも暴利を貪っているわけではなさそうです。

○PSMP3年(308,000円)

これはいわゆるメンテナンスパッケージです。
正しくは「ポルシェ スケジュールド メンテナンス プラン」です。
さすが、けっこうなお値段ですね。
主な内容は次の通り。

・12ヶ月ごと
いわゆる12ヶ月点検
オイル交換(オイルフィルターエレメントなども含む)
ワイパーブレード
微粒子フィルター(いわゆるポーレン=花粉フィルター)
ワイパーブレード

・24ヶ月目
ブレーキフルード
エアインテークプレフィルター

オイルなどの消耗品は12ヶ月または15,000キロごとがPORSCHEの「ターム」のようです。
Macanの場合は4気筒モデルと6気筒モデルで値段が違います(約20,000円)。
基本的にやることは同じですが、差が生じる理由は交換するオイルの量によるものだと思います。

またPSMPには3年版と5年版が用意されています。
3年版は308,000円ですが、5年版はいきなり2倍以上の638,000円になります。
高い理由は、4年目にスパークプラグ、エアクリナーエレメント、PDK(トランスミッション)オイル、そしてクラッチフルードを交換する為です。

ちょっとだけ悩みましたが、3年版にしました。
5年乗るなら間違いなくお得だと言われましたが、5年乗る自信がないな、と思ったからです。^^;

いや、言い換えましょう。
「5年【維持】できる自信(経済力?)がない」です。

ちなみに。
XC40はいわゆる新車保証は5年(走行距離無制限)ですが、メンテナンスについてはPORSCHEと同じような内容が3年間分「無償」で付いてきます。
ETC2.0車載器と同様、車両本体価格に含まれているのです。
追加料金ゼロ。

このプランを5年に延長する場合はさすがに有料になりますが、それでも追加料金はたったの? 77,000円です。PORSCHEだと約64万円。この差はでかいです。
PORSCHE同様のプラグ交換やミッションオイル交換等々は含まれませんが、その代わりバッテリーもしくはブレーキパッド(排他)の交換費用も1回だけですが含まれています。

XC40注文時、私は迷わず、むしろ喜んで77,000円を払いました。
まあ、ムダになったんですが。
だって5年乗る気満々でしたからね。1年で他のクルマを注文するなんて、その時は夢にも思いませんでしたよ……(遠い目)。

これについては解約ができるようなので、忘れないうちに手続きをしておくつもりです。

◎諸費用:税金/保険

○自動車税(45,800円)

御存知の通り自動車税は日本の場合、排気量で区分分けされています。
「自家用乗用車」のPORSCHE Macan GTSの場合、「総排気量」は約2.9リットルなので「2.5リットル超~3.0リットル以下」の区分に入ります。

この区分は年間50,000円になります。
この「年間」とは4月から3月までを指します。
が。新車登録をする場合は「登録日の翌月から次の3月末日まで」の計算で、先払いとなります。

私の注文書をみると「4月登録」となっています。なので5月から翌3月までの11ヶ月分の45,800円が計上されています(≒50000÷12×11)。

私のMacan GTSは「3月生産予定」なので、どう考えても4月登録は不可能なのですが、営業氏が「ここは4月で仮計算させてください」と言い張るので「良きに計らえ」という感じでそうなってます。
なんか、内規みたいなものがあるのでしょうね。

セコい情報で恐縮ですが、最初の登録は3月、6月、9月、12月以外にするとちょっぴりお得です。
(それ以外の月は計算上端数が発生し、十円以下は切り捨てられるのです。私の場合は33.333333円お得になります)

○環境性能割(298,300円)

出た!
意味不明!
というか、以前は「取得税」の名目でむしり取られていたヤツ。
「燃費のいいクルマは安く、燃費の悪いクルマからはたくさん取るからね」という感じで、
「環境」という言葉を使えば正義面ができると思って無理やり正当化した税金。
Macan GTSのような「1リッター10kmも走らないような、いってみれば燃費を追求しないタイプのクルマ」が生きにくいというかモロに標的ですね。

XC40なんて88,200円ッスよ?
3倍以上。
XC40がMacan GTSの3倍燃費がいいわけじゃないのに。たぶん市街地走行だと3kmもかわらないと思うんですけど。

今回、Macanの注文書でもっともビビったのがここでした。

○自動車重量税(61,500円)

これも高い。(´・ω・`)
この税金は車検ごとにむしり取られるヤツです。
新車時は3年分、車検時は2年分まとめてむしられます。

区分は2つあって、まずは車両重量で区分けされます。
モデルイヤー2022年のMacanシリーズの場合、私が発注したMacan GTS以外のGTS以下はすべて2トンまでのクラス。
私のMacan GTSは2.5トンまでのクラスに入ります。

重量区分がきまると、次はエコ区分です。
エコカー認定されていると、車重がいくら重かろうが(3トン以下ですが)重量税は0円。免税です。

軽減エコカーの場合は50%減クラスと25%減クラスがあります。
で。
おめでとうございます。
Macanは全車堂々の「エコカー外」クラスです。
「外」です。

XC40も私のB4は「外」です。2トン以下ですけどね(49,200円)。

殆どのMacanはXC40と同じ2トン以下なのですが、Macan GTSの場合、サンルーフの有無が2t以下と2.5トン以下の分かれ目になるのです。20kgの差で。
くーっ、無念。

というか、PORSCHEさんMacan重すぎです。
プラットフォームが古いからですよね。
Macanが使っている旧型より約100kgも軽量化されたっていう現行Q5のプラットフォームが羨ましいです。

○自賠責保険料(27,770円)

これは37ヶ月分です。
安心してください。
パノラマサンルーフをつけてもつけなくてもここは変わりません。
「普通車」でひとくくりです。
「軽自動車」は27,330円です。
ほとんど差ないじゃんね。
めんどうだから同じにしたらいいのに。

◎預り法定費用

ざっくりいうと関係の役所に払う「印紙代」で、税金と同じだと考えましょう。
ディーラーが受け取る手数料とは別ものです。

○登録・検査費用(6,650円)
○車庫証明費用(2,700円)
○リサイクル預託金合計(25,890円)

上2つはまあ、仕方ないとして「リサイクル」と付けたらカネとってもいい、みたいな感じで別形状されるのが気に入りません。PCリサイクル料金みたいに本体代金に加えろや、と思うのは私だけ?

◎ディーラー手数料

ここがディーラーの経費、つまり取り分です。

○検査登録費用(33,000円)

これ、VOLVOからは88,000円もぶんどられました。法定費用なんて当然入ってません。純粋に?登録手数料ってやつです。
納車時に効果な記念品がもらえるわけでもありませんよ。むしろ私のディーラーはかなりショボいです。

これ、過去最高に高かったのでびっくり仰天でしたっけ。
額面上(合計金額から)の値引きに使うバッファなのでしょうけど、それにしても88,000円って高すぎじゃね?

とまあ、VOLVOの88,000円を経験したあとだと33,000円は安いとまではいいませんが「普通かな」と錯覚してしまいそうです。
でもPORSCHEのこの料金には「希望番号手続き」の料金も含まれています。
それを考えるとリーズナブルかな、と思えなくもないですね。

ちなみにVOLVOは希望番号手数料は88,000円とは別に22,000円を取られます(取られました)。

○車庫証明手続(33,000円)

どうやら私のディーラーは手数料は1項目33,000円ポッキリと決まっているようです。
これも33,000円。
VOLVOは22,000円でした。

新車登録も厳密には可能とはいえ、内容を考えると33,000円払ってやってもらったほうがいいか、と思えますが、ここは個人で簡単にできる項目です。
とはいえ、基本的には平日にしか出来ない作業なので、社畜時代はおまかせしておりましたが、今は「平日も日曜日」な私ですから、印紙代の2,700円だけで済む話になりました。
納車日が決まった頃に行う最終的な確定契約の時にはここを割愛してもらうかと考えております。
実際問題として削れるとしたらここだけですからね。
ディーラー側は嫌がるでしょうが、「そんな事言うなら検査登録も自分でやるぞ! こちとら時間ならたっぷりあるんだからな」と脅かしてやろうかしら。^^;

※車庫証明はマジで簡単です。登録については陸運事務所にズラっと軒を並べている代書屋で1万円も払えば(印紙代、ナンバー台込み)サクサク終わりますので、実は簡単なのです。あ、その前に市役所で仮ナンバーとらないといけませんけど(そういう手間はある)。最近はOSS(ワンストップサービス)というシステムもあるので、家に居ながらパソコン使って手続きが可能です。つまり今なら社畜でも可能。

トップページ | 自動車保有関係手続のワンストップサービス
当サイトは、自動車保有関係手続のワンストップサービスの普及とご案内を目的として、システム利用者の皆様をサポートするために運営されています。

○納車準備費用(33,000円)

いわゆる納車費用。
このディーラーの場合、わざわざ「準備」としているのは「取りに行くからカットしろ」と言われるのを未然に防ぐための「言い訳」でしょうね。
「洗車しなければいけません」とか「清掃が必要なので」とか「いや、それはアタリマエの作業でしょ?」と突っ込みたくなるしかないような言い訳をしてきますけど、ここはほぼディーラーが「丸儲け」の項目です。

VOLVOは22,000円ポッキリシリーズ。PORSCHEはざっとVOLVOの1.5倍ってことですかね。

○リサイクル資金管理料金(290円)

これは一律だと思います。
なんというか、金額も金額ですし、あまり深く考えずに携帯電話のユニバーサル料金みたいなものだと考えておきましょう。

◎まとめ

以上です。
ディーラーオプション代が312,000円。
その他諸費用が567,900円。
合計879,900円がクルマ代にプラスされたカタチでごじゃいますです。