趣味と暮らしにまつわる「モノ」に一喜一憂するブログ

★緊急事態宣言下に於けるサイクリングの是非

自転車

昨日(2020年4月7日)夕方に出された緊急事態宣言ですが

私は北摂在住の大阪府民でっす。
該当区域ですね。
で、この宣言が私にどういう影響を与えるのかと言うと……。
普段の生活は今までと何らかわりません。
朝起きて、電車やバスに乗って京都市内にある職場まで通っております。
通わないと出来ない仕事もありますが、自宅で出来ることの方が多いんですよね。
「会社の基幹システム用の端末が家にあれば」ですが。
個人情報を思いっきり閲覧可能なそんなモノを個人の自宅に設置していいのか、というリテラシーとかセキュリティーとかそんな問題がありますので、まあいわゆるテレワークはムリでしょう。
むしろ「やってくれ」と言われたら「あんた、アタマがどうかしているのか?」って引くわ。^^;
まあ、「会社用ケータイ電話と普通のパソコンで出来る範囲でいい」となったら喜んでやらせていただきますけどね。

だって、通勤しなくていいなんて天国じゃありませんか。
私、毎日片道2時間の電車バス通勤なんですからね。

で、その通勤ですが、皮肉なことに渡しの場合に限って現時点では「快適」なんですよ、これが。
だって「通勤電車が混んでない」から。
人も少ないので乗り換えにもストレスがないですからね。
車両内もそうですが、私のように4回も乗り換えをする人にとっては、その「乗り換え」の移動も混むんです。これがまたストレス。私はむしろ車両内よりソッチのほうがすとれすだったりするのですが、それも教なんてゆったりしてマイペースで移動が可能な状態です。
まあ、ずっとこんな状態だと日本経済が終わっちゃうのでしょうけど、ごくごくインディデュアルな側面を切り取ると「快適です」と言わざるを得ません。
ええ、いつ感染するかわからない状況であることは理解しておりますとも。それでも通勤しないわけには行かないのですから、そこに快適さを謳歌する気持ちがあっても責められることではないと思っているんですが……。
というか、既に私はサイレントな陽性者なのかもしれませんが、そんな事は誰にもわからないですからね。

あ、至って元気です。熱も平熱36.5℃。
最近良く見るピストルみたいなの額に向けるだけで体温が測れるアレ、便利ですよね、ちょっと、いやかなり欲しいなあ。
でも、あれ、TVで見るたびにドキドキしませんか? 弾がでたりして……とか思いません? あと、スタンガンかも、とか。

調べてみるとAmazonだと3000円台あたりから買えるようですね。

でもなあ。
使う時絶対言っちゃいますよね。
両手で持って「ドミネーター起動」とか。
いっそドミネーター型のやつをどこかが出してくれると成りきれるんですけど。^^;

そういうわけで大阪府内とはいえ、都会の喧騒からは相当離れたところに住んでいる私は週末ロードバイク乗り。
そんな私が最近びっくりしたのが、この状況下でロードバイクでサイクリングをしている人を叩いている意見があることです。

うーん。
サイクリング、いいんじゃないかなあ。
適度な運動になるし。
歩くより早いので、散歩より現場滞留時間が短いし。
集団でレースの練習をするってわけじゃなければ密集しませんし。
行政側も「通勤には自転車を使うなどして……」と推奨してます。
叩かれる理由がよくわかりません。

特に私のような市街地などない田舎にいるロードバイク乗りは、そもそも「ライド中に人と合う事が少ない」わけで、何の問題もないと信じております。

外出禁止ではなく、適度な運動のための散歩に代わる手段としてサイクリングは叩かれるものではないと思います。

いや、ロードバイク乗りは散歩と違ってスピード出した時とか上りとかでゼイゼイ言ってウイルスを大量に空気中に撒き散らすからダメ。

なんてツッコみをする人がいるかもしれませんが、大丈夫です。
私はスピード出しませんし、上りでもギアをインナーローに入れて時速4kmくらいでとろとろ~って登ってますから大丈夫です。
あと、ナルーマスクしてますし。

というわけで、現状では週末の朝練は続ける予定です。
ご同輩、叩く人がいても無視しましょう。

 

今回の記事のテーマに関連するサイトをご紹介しておきます。
でもさすがヨーロッパ自転車先進国は違いますね。ちゃんと「その手の団体」がガイドラインを示してます。
日本の何やらよくわからない「その手の」自転車系の天下り?団体はなにしているんでしょうね。
普段から存在感がないんだから、こういうときにこそ能動的に動いても存在アピールすべきなんじゃないでしょうかね。

コロナウイルス(COVID-19)禍におけるサイクリストの行動|サイクルスポーツがお届けするスポーツ自転車総合情報サイト|cyclesports.jp
まずは、コロナウイルス罹患者の方々の1日も早い回復を祈ります。そして、亡くなられた方へ、お悔やみを申し上げます。また、最前線で働く医療従事者の皆さまに感謝とエールを送ります。 この記事を書くにあたり、非常に悩みました。編
新型コロナの状況下、自転車にどう乗ればよいのか、乗るべきでないのか? - オピニオン
世界がパンデミックに陥る中、日本も例外なく新型コロナウィルス(Covid-19)の感染拡大が続いています。そのなかでサイクリストとしてどう行動すべきか。自転車に乗るならどうすれば良いのか、あるいは乗るべきでないのか。各国の例も参考に考えてみます。 安倍首相および政府は4月6日、近く緊急事態宣言を出す意向を固めました。早...
シンガポール車連がコロナ肺炎対策をアップデート|世界の自転車事情【#RideSolo】 | BiCYCLE CLUB
4月5日、シンガポール自転車連盟(SCF)が、サイクリストのできるコロナウイルスによる肺炎の感染防止策を新たに発表したのでアップデート版をお伝えする。 (この記事4月5日時点のものです) 4月5日、シンガポール自転車連盟(SCF)が、サイクリストのできるコロナウイルスによる肺炎の感染防止策を新たに発表したのでアップデー...
サイクリングを楽しむ際のガイドライン – eels.Life
https://bit.ly/2KQj95y
屋外サイクリングのソーシャル・ディスタンシングは何m?|サイクルスポーツがお届けするスポーツ自転車総合情報サイト|cyclesports.jp
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のパンデミック(世界的流行)が続き、多くの国でロックダウン(都市封鎖)や外出制限が行われ、日本でも4月7日に東京都を含めた7都府県を対象とした緊急事態宣言が出され、16日にはその