趣味と暮らしにまつわる「モノ」に一喜一憂するブログ

★【VOLVO XC40 B4 AWD R-Design】アクセサリレビュー その4 オーナーはゴールデンクロスの夢を見るか?

クルマ

にゃんぱす~(^^)

今回のテーマは国旗でございます

御存知の通り、VOLVOはスウェーデンの自動車メーカーです。
中国ジーリー自動車の完全子会社ではありますが、ミニと違ってただのブランドではなくスウェーデンの法人として独立しております。
BMWのミニ、すなわちドイツ車であるミニが未だにルーフパネルやミラーカバーにユニオンジャックを貼り付けていたりするのはまあご愛嬌というか「そもそも英国由来」ということで「あり」なのでしょうが、私なら左右のミラーカバーにそれぞれドイツ国旗とユニオンジャックを貼り付けて2倍楽しみたいと思っております。
問題は……私が果たしてミニを買う日がやってくるのかどうかですが……。
まあ、そういう感じで今回は「VOLVO車にはやっぱりゴールデンクロスことスウェーデン国旗がよく似合うだろう」というお話でございます。

あ、ちなみにXC40はメイドイン・ベルギーでございます(VOLVO ヘント工場)。2019年に中国にジーリーと共同で工場を立ち上げ、そちらでも生産を開始しているのですが、今の所そちらは中国国内向けで左ハンドルラインのみ、日本向けの右ハンドルを作るのは英国向けの生産を担当しているベルギー工場なのだとか。輸送コストを考えると中国の浙江省の路橋にある工場のほうが圧倒的に近い(台湾を北上したあたりにある南シナ海に面した都市。要するに九州にめちゃ近い)ので今後はどうなるかわかりませんが。

◎ボンネット脇のゴールデンクロス

モーターファン別冊「XC40のすべて」を始め、メディア発Webの記事や動画に出てくる、いわゆる「デモカー」のXC40には必ずと言っていいほどこれがついています。
「これ」とはコレ。
ボンネットサイドにチラっと取り付けてあるラバーのゴールデンクロス。

これです。

でも、実はこれXC40の標準装備でも純正アクセサリでもなんでもないんですよ。
少なくとも日本では。
日本法人の洒落者が「ちょっと可愛いかも」ってな感じでデモカーに取り付けただけ。たぶん。だって公式WebサイトのXC40には付いてませんからね。

詳しくは知りませんが1st.エディションあたりにはおまけで付いていたのかもしれませんが、少なくともlate 2021のXC40にはンなものはついておりませんでした。
ディーラーのXC40でもコレが付いた個体は見たことがありません。私が初めて載ったデモカーにも当然ついてませんでした。
さらに言えば我がXC40のお向かいに停まっているXC40嬢にもついてませんでした。
なのでこれは単なるデモカーのおしゃれ装備であろうと思われます。

だがしかし。
私はずっと「これいいな。VOLVOってこんな洒落っ気あったんだ」と思って眺めておりました。
というか、当然付いているであろうと信じて疑わなかったのです。
でもXC40を契約したあと、町で見かけるXC40を注意深く観察するようになったのですが、1台たりとてこのちっちゃいゴールデンクロスをつけた個体を見たことがないんです。

「そんなものは付いてません」

その事実を知った時のわたしの落胆たるや……お察しください。
しかし幼少の砌より「転んでもただでは起きない子」と言われた私です。
「ついてないなら自分でつけるわっ!」
てな感じで取り付けました。

この件につきまして、とある筋から情報をいただきました。
ファーストロットの5000台限定でこのラバーステッカーが付いているそうです。
ほほう。(^^)
全世界で先着?5000台ですからそりゃ見ないはず。
となると各国代理店向けのデモカーは当然5000台以内に入っているでしょうけど、日本に到着した1st.エディションの300台はその5000台には入っていなかった可能性が高いですね。

残念ながら日本のAmazonには出品されていないようですが、海外通販だと普通に売ってますね。
ヨーロッパではVOLVOのディーラーオプションとしてポピュラーなのかどうかはしりませんが、ゴールデンクロス以外の国旗はみかけないので多分VOLVOならではの洒落っ気アイテムなのでしょう。
メルセデスやBMWとかがボンネット脇にドイツ国旗をつけてても可愛くないですからね(個人の偏見です)。

というわけで、小さなパーツですが、大きな自己満足が得られました。

◎フロントグリルのゴールデンクロス

こちらはさすがに「くどい」感が漂うので、北欧的ハイセンスな感性?を有する広報担当者のお眼鏡に叶わなかったのでしょう。いわゆるデモカーには付いてませんでした。
それは、これ。

これだけ見てもなんだかわかりませんね。
私もコレが届いた時「なんだこれ? つかこんなモン頼んでねーよ!」と思いましたもん。^^;
配送IDを辿って「ああ!」と納得した次第。

取り付けは両面テープです。
雑な仕事ですが、最初から貼ってくれているだけでも良しとしましょう。自分でコレをやるのはかなりめんどくさそうです。
とはいえ貼る前に保護シールを剥がすのがまた地味に大変なんですけどね。

どこにつかうかというと、ココ。

こういう感じで、ピースを使ってゴールデンクロスを描くわけです。なおこのパーツはR-Design専用。なぜならインスクリプションやモメンタムとはグリルの形状が全く違うからです。

うーん。
コレも同居人にはまだ見せていませんが「すぐに取れ」と言われる可能性があります。
私自身「うーん」と微妙な感じで眺めている段階ですからね。
ちなみにこれで1日乗ってみたのですが、ちょっとバランスが悪いと判断して横を1段減らしました。うん、これだと悪くない……かも?

こちらも日本のAmazonでは見つかりませんでしたので、海外通販サイトでポチりました。


Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/kuukausi/mono-ludens.com/public_html/wp-content/plugins/amazonjs/amazonjs.php on line 637