趣味と暮らしにまつわる「モノ」に一喜一憂するブログ

★VOLVO XC40 フュージョンレッドメタリックをチョイスした理由

クルマ

にゃんぱす~(^^)

 

年内ギリギリで、昨日納車されました。\(^o^)/

で、今回のテーマはボディカラー。

 

XC40を買うなら、白と黒はダメ!絶対!!

 

我が家の場合は。
というお話です。

 

◎XC40のグレードごとのテーマについて

 

R-designはデフォルトで2トーンです。
というか、ルーフの色は黒で固定です。
すなわちボディ色に黒を選ぶとモノトーンになりますので、正確にいうとデフォルトで2トーンというのは正しくないかもしれませんね、。

 

2トーンが嫌いな人は黒しか選択肢がありません。
自分で塗装するという手もありますけど……。

 

 

XC40はいわゆるグレード分けというより、デザインテーマでモデルを構築しているそうでして、R-designは「スポーティ」枠担当。
VOLVOではスポーティ=「黒入ってます」らしいので、ルーフ以外も「黒入ってます」のです。
※Inscripsionは「シック」、Momentamは「カジュアル」みたいなテーマです。

 

一つはフロントグリル。こちらは全体がグロスブラック。かつ他のグレードが縦格子デザインなのに、ドットデザインになっています。

 

もう一つはミラー(カバー)。
他のグレードだと基本的にはボディ同色になるのですが、こちらもR-designはグロスブラックになります。

 

あとはフロントバンパー下部。ちょうどアゴにあたる部分が同様にグロスブラック処理です。

 

◎白がダメな理由

 

さて、というわけでチョイスしたボディカラーの話です。

 

XC40の人気色は白ですね。それも圧倒的。
さすが日本です。XC40に限らず輸入車の多くは白と黒とグレーという無彩色系で90%超えてるといっていいでしょう。
イタリア、フランスあたりが彩色で検討してくれていますが、ドイツ勢の数の前では無力。

 

そういえばボルボ・ジャパンの社長がPSAジャパンの社長になっちゃったらしいですが、白黒グレー系に力を入れないことを願います。

 

さて、XC40=白なわけですが、中でもR-designは他のグレードに比べても白の比率が圧倒的に高いんじゃないかと思います。
理由は屋根が黒なので、ボディが白だとコントラスト感が出て「いい感じ」だからでしょう。

 

そもそも私が街で見かけるXC40って80%以上が白だなっていう感覚なのですが、R-designに限定するとさらに白の割合が100%に近い気がします。
割合が高いのはつまりはその組み合わせがカッコいいと思う人が多いからで、かくいう私もXC40 R-designの白(クリスタルホワイトパール)とグロッシーな黒(オニキスブラックメタリック)ルーフの2トーンの組み合わせってかなりカッコいいなと思います。

 

が……。

 

カッコいいと思いつつも、同時にXC40の白黒2トーンはちょっと敬遠したいなと思っています。
もちろん理由はあります。
白黒2トーンのXC40って……私にはアレに見えて仕方がないのですよ。
アレっていうのは、ほれ、アレです、あれ。
超有名スペースオペラ映画の、悪役戦闘員です。
その名はそう、「ストームトルーパー」……。

 

ね?
見えませんか?
見えますよね?
一度そう見えるともうダメで、白黒のXC40は私には「ストームトルーパーのコスプレ?」にしか見えなくなってしまいました。

 

なのでXC40にしようと思った時、「同居人が白を選んだらどうしよう」ってちょっとドキドキしていたのはナイショです。

 

私にとって幸運だったのは、在庫車(正確には日本に向かっている輸送船の中にあってまだ買い手がついてない個体)には白いクルマがなかったことです。

白/黒はきっとダントツの人気色。なのでまだ人気だというXC40において、白の売れ残りなど存在してはいないのでしょう。

それを聞いた私は安心しました。

 

「よし。これでもう愛車がストームトルーパーのコスプレには見えないぞ」と。

 

◎黒がダメな理由

 

そうそう。白とは別に「できたら避けたいな」と思っていた色もあります。
黒です。
だってXC40 R-designの黒って……。

2トーンにならないから?

 

 

いえ、ちがいます。
黒は黒でかっこいいと思いますし、ストームトルーパーにも見えません。
強いて言えばグリルの枠を白に塗ると「仮面ライダー(ただし初代は除く)の戦闘員」チックになる可能性もありますが、XC40は角張った感じなので多分大丈夫。シトロエンのC3 AirCROSSあたりだとあぶないかもしれませんが……。

 

見た目がどうのこうのではなくて、もちろん色の好みでもありません。
こっちはほれ、アレです。極めて個人的な事情です。
まさに「事情」というやつなのです。

 

といっても大したことではないんですけどね。
はっきり言っちゃうと、カブるんですよ。

 

カブるといえば、白/黒のXC40だと他人とカブるしかないので今更何を言ってるんだというお話ですが、ことはそこまで単純ではありません。

 

うーん。例えばそうですねぇ……去年友人がXC40を買ったと思ってください。で、そのXC40が黒だった、と。
だとしたら、さすがに同じ色っていうのは「なんか違うな」って思いませんか?
「友人とオソロ」は嫌じゃないし、むしろ嬉しいっておもう正確なんですけど、ぜんぜん友人ではないけど「近い」人とカブるのは「なんとなくモヤっとする」って思いませんか。
今回はそれ系の事情なのですよ。

 

「近い」とはいえ、どこの誰かすら知らない人です。
そう。実は……同じ駐車場にいるのですよ、XC40の全身真っ黒が。
しかもあろうことかお向かいの枠に停まっているんですよね。
地域的にたぶん同じディーラーのお客さんってことでしょうね。

 

正確に言えば「どこの誰かも知らない」というのは言い過ぎですね。もちろん誰なのかまでは知りませんが、同じマンションの住民であることは知ってますから。
とはいえ見知らぬ他人。
ただでさえお向かいと同じXC40。しかも後出しジャンケンじゃないけど真似して同じクルマを買っちゃったみたいな感じなのでビミョウに気恥ずかしい部分があるのに、色までカブるというのはさすがにちょっと、でしょ?

 

たぶんお向かいさんも我が家のXC60を見て、同じVOLVO車ということで意識はしていると思います。
それが、乗り換えたクルマが同じXC40で同じ黒ってことになると……。

「すみません、マネしないでくれませんか?」とか言われちゃいそうじゃないですか?
実際に言ってくることはまずないでしょうけど、私がいない時にうちのクルマを見て、ご夫婦同士で冗談交じりで「マネすんなよな」とかは言いそうじゃないですか。
だって私なら間違いなくいいますし。^^;

 

なのでツッコミを避けるためにも? 黒は選ぶべきではないのではないかと愚考する次第です。

 

あとは、アレです。
お向かいの人が駐車場内でスピード出したり、車止めまでバックしないで無駄に鼻を出しすぎていたり、後ろの空きスペースを倉庫代わり何かを置いてたり、そんなマナーの悪い人だったら、誤認されて「あいつか!」みたいな目で見られる可能性がありますからね。

 

そういうわけで、まったく別人として認識してもらうには黒であってはならないのです。
私がいうまでもなく、同居人のほうがそういうのには敏感でしょうから黒は絶対に選ばないであろうと確信はしていましたけど。

 

だいたい、せっかくR-designなんだから黒ルーフを活かしたいじゃないですか。つまり2トーンですよ。

 

ちなみにざっと見渡したところ、ウチのマンションはそれなりに大規模なのですが、VOLVO車はそのXC40と我がXC60の2台だけ。メルセデスやBMWがやけに多いのは日本でのシェアがそのまま反映されているのでしょうね。

 

というような経緯を経て……いや、やきもきしていたのは私だけで、同居人は動画を見ながら選択肢の中から純粋に気に入ったものをチョイスしただけのようですが、結果として選ばれた色は「フュージョンレッドメタリック」。すなわち赤でした。今回私が選んだ唯一のオプション(85,000円)です。

まあ色をオプション扱いにするのって何か違うって思いますけどね。

 

 

ついでなので、各グレードで赤、すなわちフュージョンレッドメタリックを場合にどういう具合なのかっていうのを並べて見比べてみましょう。

まずはインスクリプション。

 

 

続いてモメンタム。

モメンタムだけはルーフに白を選べます(オプション)ので、そちらを。

 

 

いやあ、コンフィグレーターでいろいろ見比べられるのって便利ですよね。いい時代になりました。
もっとも、ディスプレイで見えている色と実際の色って全く、とまではいいませんが、かなり違いますので、あくまでも「雰囲気」を楽しむものだと理解しましょう。

 

実際の色はディーラーでそのものを一度見ておくことですが、私の場合はディーラーにフュージョンレッドメタリックのクルマがなかったので、いわゆる見ずテンで決めたことになります。
実物はなんというか、やや「黒入った」赤、ちょっと茶色風味の赤、という感じで鮮やか系というよりは落ち着いた系(意味不明)でした。

 

 

というわけで我が家のXC40はスタンダール・カラー。
うん、これからウチのは「マリちゃん※」と呼ぼう。
※スタンダールの本名