趣味と暮らしにまつわる「モノ」に一喜一憂するブログ

☆Living in Eorzea ~引きこもりタンクのヘボ戦記【冒険録か、一から上げるか、それが問題だ】

FF14
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

天使タンクはじめました

せっかくなので?こんな姿で斧振ってます。
個人的にシュールな絵を楽しんでおります。
IDで見かけたら【絶対に】優しくしてください。
なぜって……

◎メンタルが豆腐だから

そんな理由で私があんまり知らない人とはやりたくないなあ、と思っているのがヒーラーとタンク。
赤魔道士をやってみてわかったんですが、ヒーラーよりやることは多くなりますけどDPSって胃と髪の毛に優しいジョブのようです。
まあ今の所、ですが。

◎ヒーラー、DPS。次はタンク

そういうわけで赤魔道士がレベル70になってしまったので他のジョブをのんびり上げようかな、あと考えた結果、結局タンクをやってみることにしました。
タンクを選んだ理由はいくつかあります。

まず、私の所属するFCはヒーラーばかりでタンク用員が少ない事。
全ロールを経験すると、パーティプレイの理解度が増して、どのジョブをやるにせよ楽しさがアップするのではないかと考えた事。
低レベル帯ならなんとか道案内ができそうな事。
マッチングの待ち時間がほぼ皆無で、時間を有効に使えそうな事。
FCメンバーにいろいろとアドバイスを貰えそうな事。

FCメンバーにはまだいないし、敵から離れたところから大ダメージ魔法を投げつけるという、まさに私の性格にぴったりな黒魔道士とけっこう悩んだんですが、赤魔道士の複雑版であろうことはわかってますし、FF14をやり始めた時にジョブ選びでいろいろやってたんですが、黒魔道士のジョブクエスト(もちろん序盤だけですが)を見て「うわー、つまらなさそー」(個人の感想です)って思ってやめちゃった事を思い出しました。
まあ、チョイスした白魔道士(幻術士)もつまらなかった(まだ終わってないけど)ので結果論としてはどっちでも良かったわけですが。

とまあ、そういうわけで数が少ない=需要がある=多少ヘボでも許されるのでは? という甘えの三段論法?でタンクにしました。

◎タンクは3種。どれを選ぶか

タンクというロールに対応しているのは、斧術士(ふじゅつし。後に戦士となる)と剣術士(後のナイトである)そして暗黒騎士の3つです。

この中で暗黒騎士だけは特殊で、レベル30スタートです。また他の2つのジョブと違って「クラス」がなく、いきなり「ジョブ」となります。

私のゲーム/ファンタジー概念だとタンク=ナイトで、戦士とか暗黒騎士っていうのはアタッカーのイメージなのですが、FF14ではタンクです。
ではどれを選ぶか。
一番楽なのはレベル30スタートの暗黒騎士ですが、暗黒という名前がどうにもなじまない。
黒魔道士はよくて暗黒騎士はアカンのか? というツッコミには敢えてこたえませんが、漆黒騎士だったら選んだかも知れませんとだけお答えしておきましょう。

FCのタンク先達に戦士だけはやったことがあるというメンバーのMさんがいたので「なぜ戦士を選んだのか」と訪ねたところ「オールマイティっぽいから」という、極めてざっくりした、しかし私的にはけっこう説得力のあるお答えをいただきました。

ので、戦士になるべく斧術士ギルドの門を叩きました。

◎冒険録か、自前でレベルあげをするか

これもちょっとだけ悩みました。
とりあえずレベル上げとけば、すぐに若葉組と同じようなペースで一緒にレベリングできるな、と思ったのですが、行動を起こす前にシミュレーションを行いました。

だって、ここのところ早とちりと勘違いでいろいろ「やらかして」ますからね。
その辺の事を書いた昨日の記事はこちら。

☆Living in Eorzea ~初めてのDPS赤魔道士の困惑日記 FF XIV~【番外編:いろいろとやっちまったこの2日、の巻】
「蒼天のイシュガルド」をコンプリートしました ただし、ショートカットです。 ◎冒険録という卒業単位 あとほんの少し残していた「蒼天のイシュガルド:戦後編」のクエスト。 具体的には残すはIDがあと一つ、というところまで来ておりました。...

シミュレーションというと聞こえがいいですが、単に胸に手を当てて考えてみただけです。
結果として冒険録はやめました。そっちは黒魔道士あたりに残しておいてもいいかもしれません。もしくは戦士やっぱりダメ、ナイトで行こうなんて考えた時にでも思い出すことにしました。

胸に手を当てて考えたところ、最初からレベル60だと、頭では思っていても低レベルダンジョンなどでの立ち回りとか、めんどくさがって勉強したりしない自分が見えたのです。

◎とはいえ、引きこもりタンクの予定

引きこもりタンクとは?
「オールFCのパーティにしか登場しないタンク」というもの。
ぬるま湯に浸らないとテコでも動かないぜ、というスタンス。
だって、ヘボゲーマーですよ?
FF14でもヘボッテばかりですよ?
知らない人とやるなんて、怖くて出来ません。
FCメンバーとやってもヘボなのは変わらないとして、知り合いに叱られるのと知らない人に無言の圧力を駆けられるのとは全くダメージが違いますからね。

ということは……マッチングIDのタンク不足は全く解消しないのであった。

そんな感じで、とりあえずは装備のゲットすべく、初心者の館卒業を目標としております。
その後は初期3ダンジョンクリア、というところでしょうか。

そんな感じでやりはじめて、今朝の通勤電車でレベル10まで上がりました。

◎タンクじゃないけど、クリスタルタワーに初挑戦しました。

事前準備というか予備知識全くなしのままFCメンバーのベテランMさんの誘いに乗って行ってきました、24人ダンジョン。その名もクリスタルタワー。

Copyright (C) 2010 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

盛大に湧き出るダメージエリアを回避しつつ、雑魚を中心にわらわらと戦っているうちに終わった感じですが、かなり楽しかったです。
拘束時間もさほど長くないですし、気の小さい私は「恐ろしいとこだったら泣くかも」などとビクビクして参加したのですが、張り詰めた緊張感はなく、むしろ「突撃だー」「オー!」ってな感じのノリノリ感を感じて、総じて爽快かつ豪快なノリで楽しめました。
理解していないギミックで二度ほど死にましたが、要所要所でFCメンバーのMさんがチャットレクチャーしてくれたおかげで初回ながらおぼろげながらですが、クリスタルタワーの雰囲気を掴むことができました。

Copyright (C) 2010 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

いや、これはけっこう面白いです。

いつかタンクでここに参加……はしたくないな。
やっぱり「一人くらいにサボっていても誰も気づかない」DPSで行くべし。(*^^*)

コメント