趣味と暮らしにまつわる「モノ」に一喜一憂するブログ

★本当に28mmなのか?【X100F用ワイコン FUJIFILM WCL-X100 II レビュー】前編

カメラ

私、FUJIFILMの画角表示には昔から詐称疑惑を持っております。

なのでこのタイトルです。

画質とか使い勝手とかそんな些細な事? をガタガタ言う前に、まずは本当に28mm相当の画角があるのかどうかをチェックしないと始まらないと思うのです。

FUJIFILMはGRの対抗としてX70という28mm相当の単焦点レンズを装着したコンパクトカメラを発売していたのですが、これがとんだ「画角詐称」機でして、GRと比較してもかなり広め(つまり28mmより望遠より)のレンズでした。

というわけでそのFUJIFILMのいう「28mm」とやらは、GR(Ⅱ)の28mmと違うのか違わないのか、同じなのか同じじゃないのか。その辺をはっきりしてからレビューしようじゃないの、というのが前編の趣旨です。

何はともあれ比較です。

いつものところで歪曲チェックを兼ねて画角比較など。

X100F+ワイドコンバージョンレンズ

 

GRⅡの28mm相当の単焦点レンズ

 

いやもう、びっくりしますね。

色の違いに。(・∀・)

異世界の色を奏でるX100Fのプロヴィア。

対するは「リアル世界はンな色してねえよ」と、ツバを履きたくなるGRⅡのスタンダード。

同じ「変な色」なのに修飾する言葉が全然違うという……。

いや、色の話は止めましょう。

画角でした。

全然違いますね。

案の定、FUJIFILMの画角表示はギルティです。

こういうのを見ちゃうと、X100Fのそもそもの画角が本当に35mmなのかどうかという疑問が浮かび上がります。

38mmくらいじゃないの? とかね。

「何を言ってるんだ。RICOHがおかしいんだろ。GRⅡのレンズは26mm相当で、正しく28mmなのはFUJIFILMに決まっている」

なんていう人もいるかもしれませんが、RICOHがそんな事をして一体何の得があるのやら……。

「そもそも画角は無限遠にフォーカスを合わせた状態での画角だから」

と、蘊蓄を語ってツッコミを入れて下さる方もいらっしゃるかもしれませんが、上の比較で充分じゃね?
確かに無限遠じゃないけど、けっこう遠いよ?
でもまあ、そう言うんだったら無限遠で比較しましょうかね。

ということで、今度は無限遠、というか中心にある京都は北山地区の名も無い山(いや、たぶんあるけど)にピントを合わせた状態の画角比較です。

X100F+ワイドコンバージョンレンズ

 

GRⅡ

 

無限遠でも変わりませんね。
つまり、もはやいいわけできませんな。

同じAPS-Cセンサー。
同じ28mmというメートル法表記。
なのになぜこんなにも画角が違うのか????

結論。
FUJIFILMの28mmとRICOHの28mmは基準が違う(としか思えない程画角が違う)。

コメント

  1. ひでたけ より:

    ワイコン、新しいのを買われたんですか?
    フジの中の人に「コンバージョンレンズ付けて設定変え忘れても、RAWで後から直せるようにしてよ!><」とか言ってたら、磁石とセンサーで自動切り替えになって喜びました。まぁ、X100F買ってないので喜んだだけですがw
    ちなみに、フジの中の人も設定変え忘れたりすると言ってて、Xフォトグラファーの内田ユキオ氏は、28mm付けてるのに50mmの設定のままで撮ったことある、とかも言ってましたw

    • eir-amy hal より:

      コメントありがとうございます。後半でその辺についても言及してますが、X100Fのみ対応というと頃がまあ、しかたのないところでしょうかね。買い替えさせる理由の一つにした、みたいな?でも改善ではありますね。互換性自体も問題ありませんし。追加で21mmくらいのワイコン作ってくれるといいんですが。