趣味と暮らしにまつわる「モノ」に一喜一憂するブログ

★Nikon Nikon1 V1 ショートレビュー集 Ⅲ

カメラ

(初出:2012/01/15)

◆Nikon 1 V1 ショートレビュー その5
タイトルは「出た!」
写真の通り。


調子よかったんだけど、Eye-Fi。
PENTAX Qも最初調子よくて、こういうエラーが出てからどんどんダメになっていったという感じ。
なので。

余談は許さないけど、今後の成り行きを見守りたいと思います。
いや、私に関してはNikon 1 V1の「今後」があるかどうかわかりませんが。

ちなみにエラーは電源ON/OFFでいったんは消えます。

◆Nikon 1 V1 ショートレビュー その6
タイトルは「空に合わない」

合焦して撮影出来ますが、画像はピンぼけ。
位相差、要するに使い物になりません。
とは言え、NEX-5Nのコントラストも似たようなものですからアレです。
ちなみに写真はV1でどうしようもなかったのと同じ構図をGX1で撮影したもの。
ビシバシ合います。

ということで、V1のAFはやっぱり私には辛い。
この程度の雲には合焦して欲しいです。

◆Nikon 1 V1 ショートレビュー その7
タイトルは「みみっちいぞ、Nikon 1」

Nikon 1 V1のストラップ用のアイレットは交換が出来ます。
標準でついているのを見た時は悶絶しそうでした。
すぐに「あ、でも通常のNikonの三角輪、付けられるね」と一安心。
この辺にもNikonのマーケティングがコンパクトカメラからのステップアップユーザーを98%重視しているのがあからさまにわかります。
あとロージンも!(・∀・)
理由は2つ

1)コンパクトカメラのユーザーは本格的なストラップなんて使いたがらない。むしろ細身のヤツが軽やかでいいと考えている。(私も考えています)
2)ロージンは、同梱されているストラップしか使わない

この2つを満たしつつ、私のような「メーカーロゴや機種名が入ったストラップは死んでも使いたくない」「むしろ自分のお気に入りのストラップを使わせろ」という向きにも言い訳ができるように

1)アイレットに小さな三角輪を用意。他のメーカーのようにウザったい変なアテ皮など使わず、一眼レフと同様の傷防止カバー付き三角輪を標準で付ける。
2)でも、交換式にしておいて、ウダウダうるさいユーザーが自分で交換出来るようにしておく

としたのでしょう。
いや、でも。
わからなくはないけど、V1のあの重さと大きさであんなみみっちい三角輪はどうかなあ、と。
選択肢が撮っても少なくて結局純正使うか、みたいな感じになっちゃうんじゃ?

私はNikonの三角輪はいくつも持っていて、安っぽい三角輪しかつけてないPENTAXやR-D1xGやE-P2やE-P3に付けています(元に戻したのもある)。
早速V1も交換しようとおもったんですが、その「みみっちい三角輪」をじっと見ていると、フト頭にフィラメント電球が点灯。(LEDではありません。まだ高いし)

同じように、いやもっとヘンタイ的なアイレットを持っているGXRに使っているストラップがそのまま使えるんじゃ? と。
早速取り付けてみると、これがもうドンピシャでした。
防湿子ちゃんと仲良しなGXRから引っぺがしてこっちへ。

ぴったりなので三角輪を取り替えたくなくて、アンチメーカーロゴ派の人にはお勧めしておきます。

モノは……

すみません、忘れました。(。・ω・。)
少々お待ちください。

***********
この間3分程。
記憶と格闘しながらグーグルを使用***********

見つけました!
これです。「古くてちっちゃい」という名前の商品?

お探しのページは見つかりませんでした - ネットショップかんたん作成サービス カラーミーショップ
国内最大の利用店舗数!ショッピングカートサービス付ネットショップ開業ASPサービス。最高のコストパフォーマンスで売れるショップを実現。簡単、サポート充実、機能満載、デザイン自由自在、副業から数億円規模まで対応可能なサービスです。

まだ売ってますね。って、GXRも現役なんだ!(・д・)