趣味と暮らしにまつわる「モノ」に一喜一憂するブログ

★本日の朝練は獲得標高400mのショートコース

自転車

あい・いぇい!\(^o^)/

Copyright (C) 2010 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

北摂の山々も紅葉のシーズンを迎えました

なので西田橋から勝尾寺へ向かうコースは車で大渋滞!
何しろ土曜日は快晴で、絵に書いたような「小春日和」でした。
我々は気温がけっこう上がってから走り出したため、分岐から勝尾寺へ向かう上りでもろに大渋滞にハマりました。
しばらく列に連なって待ってましたが動きそうもないので勝尾寺は諦めてUターン。
すっかり冷えてしまった我々はそのまま天狗岩ヒルクライムコースの入口方面へ上って体温を上げ、そのまま少し走って終了。
※天狗岩には上ってません^^;

そして本日の日曜日はいつもの早朝から走り出しました。
やや気温は低めでしたが、それでも11℃くらい。
早めなので渋滞前に勝尾寺へたどり着きました。

勝尾寺では山梨から来られたという、西国三十三箇所巡り?の途中のサイクリストと談笑。
もっとも「昨夜、同窓会があったので、だったらついでだから自転車で走ろう」ということで江坂までは輪行だそうな。
なぜ江坂で降りて走り出したのかは謎です(たぶん同窓会後の宿が江坂だったのだと推測しますが)。
バイクはデ・ローサのクロモリ。輪行用とのことでした。
輪行用クロモリがデ・ローサですから、たぶん普段はカーボンのいいヤツに乗られているのでしょうなあ、と勝手な憶測をしたのは内緒です。^^;

勝尾寺の次は中山寺(宝塚市)へ行かれるとのことで少しルートの相談に乗ったあと、御朱印帳に記帳されるということでお別れました。
こういうちょっとした出会いがあると気分が上がりますね。
もっともだからといって私の上りの速度が上がるわけではありませんが。

曇り時々雨の予報でしたが、午前中は雨の気配もなく爽やかな、まさにベストシーズンといったところ。
本日のウェアですが、下は気温が5℃オッケーの冬用のビブタイツ。
上はオールシーズン用のインナーの上に秋冬用(15℃)の長袖ジャージ。
グラブは薄手のロングフィンガータイプ。
こんな感じで、山間の気温表示が11℃の中、長い下りでもウインドブレーカーの必要もなく快適に走れました。
今日くらいならグローブも指切りで充分のような気がします。

今週末は残念ながら最高気温が平地で11℃くらいまで下がるので下りはウインドブレーカーが必要になりそうです。

そうそう、DOMANE SLR7も快調です。

コメント