趣味と暮らしにまつわる「モノ」に一喜一憂するブログ

★その後の【GARMIN Instinct】

PC IT系

わふー(^o^)

今、私の左腕に巻かれている活動量計は、GARMIN Instinctでっす

2つ目の。
なぜ2つ目なのか?
今回はその辺のお話を簡潔に述べて完結したいと思います。

◎それはホノルルセンチュリーライドの前日に発覚した

HCR本番を翌日に控えた私がGARMIN Instinctに対して行った行為。
それは一体何か?
答えは「充電」です。

睡眠計でもあるInstinctですから、できれば寝ている間は腕に巻いておきたい。
なので、充電はシャワーを浴びている間にしておこうと考えた私。
早速持参していた専用ケーブル(Instinctの付属品)をInstinctに接続してシャワーを浴びました。
シャワーから出てきた後もしばらくそのまま放置。
その後ケーブルを外してコネクタにシリコーン製の蓋をして腕に装着。
この段階でようやく充電状況を確認したのです。

が。

◎充電できない!

ケーブル接続前となんらかわらない電池アイコンのメモリ。
「んん?ちゃんと接続してなかったっけ?」
などと一瞬思いましたが、充電開始の表示が出たのを確認して放置したのでそれはなさそうです。
だとすると、充電中アイコンを見た後にテーブルの上においた時にうっかりケーブルがズレたのでしょう。

仕方がないので再充電です。
シリコーンの端子カバーを取り去り、端子に専用コネクタをクチっとはめ込みます。
するとバッテリ残量アイコンが充電中を示す「電池に雷マーク?」に変化。
「よし」
そして今度は慎重にテーブルに置いた上で、ちゃんと充電が続いているかどうか画面を確認すると……。
「あれ?」

充電中アイコンが消えています。
「んんん?」

念の為に一度抜いて、もう一度挿し込んでみると、またもや充電中アイコンが登場うします。
今度はテーブルを置かずにそのまま表示を見つめていると、充電中のアイコンが数秒で消えることがわかりました。

つまりケーブルをつないだ瞬間っは充電中になるが、数秒後には充電しなくなる、という現象だったのです。

◎原因の特定

この場合、原因は3つ考えられます。

・Instinct
・充電ケーブル
・ACアダプター

まあ、経路がこれだけしか無いわけですからこれら3つのうちどれかですね。
厳密に言えば

・コンセント
・風水
・運
・呪い

などなど他の要因も考えられますが、コンセントを除いて私には検証不可なのでここでは割愛させていただきます。

まずコンセント。
他のモノには通電しているのでここに問題がないことはわかっています。
次にACアダプターですが、他の複数のデバイスを機嫌よく充電していますので、これも問題なしと考えていいでしょう。

となると、原因は2つに絞られます。
そしてこの2つは私に特定するのはやや困難です。
というのも、充電ケーブルは専用品で、一本しか手持ちが無いからです。
あと、当然ながらInstinctも1つしかありません。

こうなると私にできることは限られています。
・Instinct側のコネクタの抜き差し
・USB側のコネクタの抜き差し
・専用ケーブルを全体にグニグニと動かしてみる
など、主にケーブル側の接触状況のチェックです。
が、もともとどういう状況でもコネクトしたらとりあえず数秒は充電するという現象から考えるに、ケーブルではなく問題は本体側にあるっぽいんですよね。

実はこのInstinct、手元に来た時にはバッテリ表示が満充電だったんです。
念の為に、と専用ケーブルを使って充電したのです。
今考えると、実はその時も同じ現象だったのかもしれません。
満充電表示から何も変わらないのに「充電に問題はない」と勝手に決めつけていた可能性が高いわけです。

要するに「初期不良品」だったのに気づくのが遅かったというオチです。

◎Instinctはバッテリの持ちがすこぶるよろしい(^^)

結局、私は充電ができないままのInstinctを心拍転送モードにしてHCRを完走しました。
あと、帰国してからも数日は普通に使えていました。

つまり満充電状態のInstinctは、結構な時間心拍転送モードにしても、かなりバッテリの保ちがいい、という事なのです。
というか、GPSを使わなければ心拍転送モード程度ではへこたれたりしない、ということのようです。

具体的には9月23日から使い始めたInstinctは、10月7日に交換品が来るまで稼働し続けていたのです。

これまで使っていたGARMIN VIVO smart HRJは心拍転送モードを使わない状態で5日から6日という稼働時間でした。
実際には毎日シャワーを浴びたり風呂に入ったりしている時間にこまめに充電していた関係でバッテリ切れになることはまずなかったのですが、Instinctならその充電する行為そのものの回数を相当減らせます。

◎本体の不具合だった

2つめのInstinctが届いた私は、新しいInstinctがちゃんと充電できるかどうかをチェックしました。
2つ目のInstinctは幸運なことに? 満充電ではありませんでした。^^;

まずは同梱されていた専用ケーブルと接続。
充電中アイコンに変わりました。
そのまましばらくアイコンを眺めていましたが変化なし。
多分問題なさそうです。

次に新しい方の専用ケーブルに1つ目のInstinctを接続してみました。
充電中のアイコンに変化。
の後、同様に充電放棄。

そう、やはり不具合はケーブル側ではなくInstinctだった模様。
念の為に1つ目のInstinctに同梱されていたケーブルに2つ目のInstinctをつないだところ、問題なく充電されていました。

ということで、今の所不具合のない2つ目のInstinctを快適に使用中でございます。

◎後悔したこと

液晶保護ガラスを貼ったまま返品しちゃったなあ。^^;
改めて買う羽目に。

以上、「私が買ったのは初期不良が当たっちゃったけど、Instinct自体はとっても満足してつかってますよ」というお話でございました。

おそまつ。m(_ _)m