趣味と暮らしにまつわる「モノ」に一喜一憂するブログ

★皆さん、もうお腹いっぱいでしょうけど……【Apple iPhone XS Max】第一印象

PC IT系

前回の予告どおり、iPhone XS Maxを購入しました

購入に至るまでの経緯は以下の記事をご参照ください。

☆Apple iPhone XS Maxか、Google Pixel 3XLか。それが問題だ(前編)
この秋、スマートフォンの買い替えを検討している私の二者択一 ◎買い替えの動機 私が現在使っているスマートフォンは、SONYのXperia ZX1 Compact。 簡単な導入記事はこれです。 この間、BlackB...
☆Apple iPhone XS Maxか、Google Pixel 3XLか。それが問題だ(後編)
「Google Pixel 3/3XLが日本で発売」 私の目に入った記事はそんな内容でした。 Pixel 3絡みの情報はそれより前にも見た記憶があるのですが、興味がない時には目に入らないというか、チェックなどしないものですからね。 ◎...

 

ハム
ハム

ちょ

Eir Amy
Eir Amy

ん?

ハム
ハム

「以下の記事」とやらには「私のチョイスはPIXEL 3 XLということに決まりました」ってかいてあるんだけど?

Eir Amy
Eir Amy

何言ってんの? チョイスはPIXEL 3 XLだけど、買うのはiPhone XS Maxって書いてあるじゃん

ハム
ハム

そっちこそ何言ってんの? 書いてないよ

Eir Amy
Eir Amy

後編の一番下に書いてあるじゃん、「仕事帰りに通勤経路上にあるAppleストア京都で即納可なiPhone XS Max 256GB(ゴールド)を買」って

ハム
ハム

いやいやいやいや

◎購入したのは、ゴールド 256GBのモデル

そういうわけで、購入に至る経緯は前回の記事の通りなんですが、どうやら少々誤解を与えるような既述が見られましたね。
なので誤解を与えないような書き方をしておきましょう。

「いつ手に入るのかわからないPIXEL 3 XLより、仕事帰りにちょっと寄れば買えるiPhone XS Max」

ええ、そうです。
アップルストア京都「なんてもの」が出来ちゃったせいで、「通勤経路上にアップルストアがあるという日常」が生じてしまったのですよ。
人が大勢集まるような、いわゆるイベントものが大嫌いな私はオープニングセレモニーはスルーさせていただきましたが、何かあったら実に便利なところに出店しやがって……と横目で眺めてはいたのです。

逆に通勤圏内に「グーグルストア」なんてものがあったなら、帰宅後、私の手元にあったのはPIXEL 3 XLの箱だったのは多分間違いないところです。
(注:大間違いです。だってまだ発売されていないから)

それほど、私の興味のベクトルはGoogleのAIを使ったサービス群に向いていたのですから。
まあグーグルストアなんてものは存在していませんので、ここは「もしアップルストア京都がなかったら」という「if」を考えてみましょう。
その場合は……うーん……たぶん、素直に、おとなしく、Googleからの「在庫できたよ」メールを待っていた気がします。
間違っても会社が引けた後に「アップルストア大阪(心斎橋)」に向かってはいません。
大阪市内というだけで気分が重いのに、心斎橋なんて繁華街に出向くらいなら、ホノルルのアップルストアに行くほうがまだ精神的に楽だと思う私なので。

そういうわけで色々理屈をこね回したくせに、結局は簡単に手に入る方を安易にチョイスした私を笑わば笑え、って感じでございます。
ええ、もちろん開き直ってますとも。

選んだのは前出の記事にも書いたとおり、迷いなく256GBモデル。
……嘘。
一瞬だけ「どうせなら512GBもアリなんじゃね?」と考えちゃいました。「毒を食らわば皿まで」ってヤツですね。私はよくそういう幻聴が聞こえちゃうタイプなんで。
というか、容量対価格比だと256より512の方がお得なんじゃないかと思ったんです。
ただ実際問題として、たとえ向こう5年間使い続けたとしても、私の場合は絶対に256GBを超えるデータを端末側に蓄積することはないと確信したので、ムダなカネを払うことはないと思いとどまりました。

○色について

私のスマートフォンの好みの色はどのモデルでも基本的に白が好みです。白がなければシルバーというチョイス。
理由は清潔感があるから。
個人の感想ですけどね。
なのですが、今回はPIXELを買うにしろiPhoneにするにせよ、色は白黒の無彩色以外から選ぶことに決めていました。
大した理由はないのですが、「せっかくくだから」「いつもと違うもの」を選びたい気分だったのでしょう。
何が「せっかく」なのかは不明です。

あと、結局ケースに入れて運用しますので、ぶっちゃけ本体の色はどうでもいい、という気分に最近なっていたという側面もあります。
つまり「だったらちょっと冒険した色にしたい」というものです。
私がゴールドを選ぶなんて自分でもオドロキですから。

で、実際にテにしたiPhoneのゴールドなんですが、なんというか期待していた「キンキラキン」とはやや違いますね。ゴールドというより明るいブロンズ系というか。


ぶっちゃけ「これはゴールドじゃない」感を覚えますが、まあそんな事はどうでもいいです。
ここでは白と黒以外であることが重要です。

そういえばクルマもここ二台は続けて白を選んでますから、次のクルマはゴールドもいいかもしれません。
ゴールドのカラーバリエーションがあるクルマがいったいどれくらいあるのか不明ですが……。
と思って、時期fxの最有力候補であるJEEPの新型ラングラーをチェックしたのですが、残念ながらゴールドはありませんでした。

◎Kindle端末としてはどうか?

第一印象ですが「小さい」です。
わかってはいましたが「Max」なんて名前を聞くと「超でっかい」というイメージがありますが、既に書いたとおり「長いだけ」の端末です。6.5インチというと「めっちゃ大きい」と思っちゃいますが、全然大きくありません。
Kindle端末としては何の意味もない大きさということになります。

もっとも、片手でホールドすることを考えるとこのあたりが落とし所なのでしょうね。
私くらいの手の大きさだとまだまだ行けるぜ、なんて考えますが、私の手に合わせてミニマムを決めてくれるわけではないのでこの辺は諦めるしかないでしょう。

Xperia Z Ultraのような「アタマオカシインジャナイノ?」的な端末(褒め言葉です)はSONYだからこそ。
いや「Appleからは絶対に出ない」と言い換えたほうがいいでしょう。
ジョブズ亡き後のAppleって、コンサバな革新しかしない企業のイメージですし。

◎ディスプレイの美しさには、改めて感動

Kindleコミックスの白黒画面を表示する用途と考えると「オーバークオリティ」どころか「アホちゃいますか」レベル。


例えるなら、玄関で宅配便を受け取るだけなのに、なぜか振り袖に着替えてハンコ持っていいく、みたいなものじゃないかと。
Kindleコミックスのカラーページ(表紙とか)でなんとかいくらかモトをとった気になるわけですが、しょせんは256階調しかないイラスト。100万対1という有機ELのコントラスト比が宝の持ち腐れです。
宝の持ち腐れ……だけど、それでもやっぱりきれいに見える。
だからいいんです。
こういうのは「自己満足」こそがすべて。ベストと比較する意味などないと知っておくべきでしょう。
というか、そうでないと幸せになれませんからね。
まあ、そもそもKindleコミックスって解像度低いよね……。

◎iPhone XS Maxに買い換える意味

意味など人それぞれでしょう。
というかiPhoneに限らず、この手の新型の端末、特に(金額が)ハイエンドなモデルが出るたびに「今持っているスマートフォンでも困らない」から「わざわざ買い換える必要はない」などという意見がネットでは散見されますが、そんな事じゃないんですよ。
「欲しいから買う」
これだけです。
そしてメーカーは「欲しがられるものを提供する」だけのこと。
シンプルな話です。

なのに私が色々と理屈をこねているのは、言ってみれば「色々と買う理由を挙げて正当化しているだけ」なんです。

重要なのは「これは使ってみたい!」と思うかどうか。
次に来るのが、実際に買うかどうか、でしょう。
その間にあるのが理性と欲望のつばぜり合い。
そしてそのつばぜり合いの存在こそが、楽しいんじゃないかと思うんですよ、物欲系ジャンキーとしては。
お財布が無尽蔵なら、こういう「つばぜり合い」なんてしなくて済むんでしょうが、でもそれって実は楽しくないかもしれないな……などと強がって見たりしてみましょう。

そういうわけなので、PIXEL 3 XLだろうがiPhone XS Maxだろうが、私にとっては実はどちらでもオッケーなんです。どっちも欲しいんですから。ほしい理由がちょっと違うだけです。
でもって、どっちを買ってももう一方への興味は残りますし、どちらを使ってもそれぞれ楽しめるのは間違いありません。
あとはしばらく使ってみて本当に付き合えるかどうかという判断をすればいいかと。

今の所使い始めてまだ数日なので、携帯電話入れ替え作業という、面倒くさい諸々の手続きがようやく一段落したところです。したがって評価や好みを反映する以前の問題というか、「なんかディスプレイがきれい過ぎる」以上の評価がなかったりします。

なので、いわゆるインプレッション記事などはまたおいおいと書かせていただきます。

いやあ、久しぶりのiPhone(6Plusが最後なので、実に3年ぶりくらい)なので、その間のアップデートは予想以上。ホームボタンがなくなっていたり、色々勝手が変わっていて戸惑い中。

iPhoneに戻って「ああ、そういえばそうだった」と思ったのはいわゆるデスクトップが汚い事。
アイコンだらけがデフォルトっていうのがどうも。
iPhoneのデスクトップって、android的にはアプリ呼び出しボタンを押した状態ですよね。
私はデスクトップ画面にはアイコンがなにもないクリーンな、つまり壁紙だけが見えている状態が好きなので、android端末が気に入っていたのです。PCやMacのデスクトップもアイコンなしのきれいな状態じゃないと我慢ならないタイプなので。
こういう感じで。


なにかいい方法ありませんかね?
あと、DOC。
これも4つだけ?
androidだとユーティリティを使えばいくつでも(いや、いくつでもってわけじゃないけど)増やせますし、セットの切り替えもできるので該当アプリへのアクセスが非常に楽だったんですが……。
iOSってその辺をアプリ側に開放しないコンセプトでしたっけ。
それともユーティリティがあるのかなあ……。色々勉強してカスタマイズしないと、現状は非常に使いづらい状態です。

あと、ディスプレイ保護シールをどうしようか悩み中。
フチがラウンドのヤツって曲面部分までカバーするかフチを余らせるタイプ(面積が狭め)にするか……。
今まで使っていたXZ1 Compactもフチは微妙なラウンドタイプだったのですが、フチを余らせるタイプにしていたんですよね。