趣味と暮らしにまつわる「モノ」に一喜一憂するブログ

★XC60への道 ~購入篇その1~

クルマ

はっきり言おう。私はギミックが大好きなんだと!(初出:2014/09/21)

でも好きなのは私の好みのギミックであって、エアロ系とかそういうのには全く興味なし。なぜならああいうのをうれしがって付ける奴らはみんなヤンキーだと思っていますから。
ええ、反省はしていません。
ヤンキーといえば、私のヤンキー判断テストによりますと「メルセデス」の事を「ベンツ」と言う輩はヤンキー認定されます。
だからどうだ、という話ではないですが。
あ、あと輸入車を「ガイシャ」と言う連中も同列です。
ただし、マクドナルドの事を「マクド」というのであれば執行猶予がつきます(ナンの?)

えっと。ギミックの話ですね。
そのギミックですが、フロントウィンドウに熱線を仕込んでデフォッガーにしていたりとか、ステアリングヒーターだとか、パワーテールゲートだとか、スマートキーだとか、マグネライドだとか、テレインレスポンスだとか、360度フルカバーのサラウンドカメラだとか、パノラミックムーンルーフだとか、ダッシュボードまでコノリーレザー貼りだとか、AWDだとか、そういうんです。
要するにそれまであこがれて付いてなかったギミックには興味津々、どうせ新車をかうのだからギミックは予算の許す限り付けたいと思っていたわけなのです。
結局EVOQUEはフルオプションで発注しました。おそらく私と同じ仕様のEVOQUEは日本では数えるほどしかないと思われます。諸費用やコーティングなんかも全部入れると800万円超えてました。
元の車両本体は600万円ですから、いかに舞い上がっていたのかおわかりいただけるかと。

そんなわけですから、納車までの待ち時間は早く乗りたくて悶絶していましたし、納車された後はいきなり往復1800km程度のロングツーリングに出たりして、テンションブチ切れそうな状況でした。

そして1年。
乗り換えを決意したというわけです。
理由はその1年のうち、代車生活が2ヶ月近く続いたから、とだけ申し上げておきましょう。
EVOQUEは本当に素晴らしいクルマでした。
購入してからもあれほど手を(というかカネを?)かけたクルマはありません。
1年たってもEVOQUEに乗るときはワクワクしながらドアハンドルを開け、オプションでつけたお気に入りのスポーツシートに腰を下ろすと思わず口元に笑みが浮かぶほどです。納車時のテンションはさすがに維持できませんでしたが、それでもエンジンをONにし、メーターの針がスワイプするのを見る頃には「ハレ」の気分が充ち満ちてきます。

でもまあ、そう言う事です。
トラブルが頻発する度にディーラーとのやりとりをし、出される代車はレンタカーのカローラワゴンとか、そう言うのがお好きな性癖のかたは堪らないのかもしれませんが、金も手間もかかる美女とこれ以上付き合っていいのかな、と疑問を感じ、やがて「別れよう」と決めた、とまあ、そういうわけです。

乗り換えると決めたら話は早いです。
もちろん家族会議で承認を撮った上での結論ですから。
たった1年で新車を乗り換えるという、金銭的な面からみたらマジでカネをドブに捨てるような行為ですが、それでももう、ストレスを感じたくはありませんでした。

というわけで、即刻「次の車選び」に入りました。
数日で決定するつもりで集中的に取り組みました。
我ながらこういう時の集中力は素晴らしいと思います。
結果として車種の絞り込みは1日で終了。二日目には第一希望は決まっていました。
その後平日を挟み、次の土曜日にはもう注文書にハンコを押した、という流れです。
私は普通のサラリーマンなので平日をクルマ選びの商談や手続きに使えませんので、それを考えるとほぼ3日目に決定したようなものです。
ですから私の事は「決断の人」と呼んで下さい。

ちなみに乗り換え候補としてpick upしたのは以下のクルマ。

・AUDI Q3
・AUDI RS3
・VW GOLF R
・BMW X3、X5
・PORSCHE マカン
・VOLVO V40 R-Design
・Mercedes-Benz GLA250 4MATIC

おわかりいただけるかと思いますが、要するにAWDです。ヤンキー言葉だと「ヨンク」。AWDと四駆という言葉はイコールではないのですが、まあそれは置いといて。

で、ショールームに出向き、試乗をし、絞り込んだのが次の3台。

・GLA250 4MATIC
・V40 Cross Country T5 AWD
・XC60 T5 SE

ふるい分けの理由は主に予算の問題です。
基本的には「EVOQUEの下取り金額で全部まかなえ」という我が家の財政大臣にして総理大臣、ついでに大統領でCEOでもある同居人がそう命じたからであります。
要するに冷静に現実を見つめるとこの3台になった、というわけです。

GOLF 5とかAUDIのRS3とかは冷やかしのようなものですね。
価格ではなくて、あの手のドライバーにハイテンションを求める系の汗臭いクルマを所有するつもりはアリマセンでした。
あと、予算もそうですが、条件もいくつかあって、そのうちのもっとも大事な項目が、

自転車を2台トランクに積めること

でした。
自転車といっても最近流行のロードレーサーやクロスバイクではありません。
ミニサイクルです。
ただし折り畳みなので意外に小さくまとまります。
EVOQUEの荷室には二台問題無く収まっていましたので、それをクリアしなければダメでした。
二つ目の項目は

4ドア

不便ですからね。2ドア。
特にEVOQUEは私が知る限り、もっとも後席にアクセスしにくいクルマの一台です。
両親を乗せてたまに温泉地へドライブ、というシチュエーションでEVOQUEの後席に乗り込もうとしてもがいている両親を見るのはそれはそれで楽しいのですが、蹴躓いてケガでもされたら面倒ですからね。
なのでこれはずっと「次はやっぱり4ドアにしようね」と夫婦でも確認し合っていた項目なのです。
それから個人的に重要な項目として

AWDであること

がありました。
当初のチョイスの際、AWDばかりだったのはそういう事です。
私にとってはEVOQUEが最初のAWDでした。
FFやFR、MRは所有していましたが、AWDははじめて。
で、乗ってみて、というか使ってみてやはり安心感が違うと体感できました。
主に雪道で。
あ、スキーはクルマで行くので今までもスキーシーズンになるとAWDはいいなあ、次はAWDに乗りたいなあと思っておりましたので。

車に詳しいだけではわからないと思いますが、実は絞った3車のうち、XC60だけがFFです。
VOLVOのオーナー諸兄やVOLVOを購入対象として考え中の方はおわかりだと思いますが、VOLVOでは最後にAWDがつかないモデルはFFなのです。
まあ、アレですな。AUDIのクワトロ、メルセデスの4MATICみたいな。VOLVOはAWDというヒネリも何にもない名称なのがイケてませんね。

という事で、購入篇その2に続きます。

※画像はVOLVOさんから拝借しました。