趣味と暮らしにまつわる「モノ」に一喜一憂するブログ

★EVOQUEにHUD導入を考える

クルマ

私の愛車にお仕着せ的についている純正カーナビは、はっきり言って「うん○」です。(初出:2014/05/29)

そりゃもう……って語り始めると止めどない負のオーラで暗黒面に堕転しそうですので割愛しますが、マジでひどいんです。
そこで、納車当時から色々とあがいてきました。

・社外品の高性能モデルにリプレイスする
→ 調べてみると純正ナビはクルマのメンテナンスセンターのディスプレイも兼ねていたりで、単純に入れ替えると保証がきかない等々、「えいや」で交換するには私の勇気と覚悟は足りなかった。ちなみに交換費用は工賃こみで70万円程度(いや、フツーのクルマと違ってマジで大手術なんです)という見積もりだったので、金額的にもコスト対費用で二の足を踏むことに。

・タブレットやスマートフォンのカーナビアプリを使う

→ アプリにもよりますが、機能は純正と比べてもマジで天国です。というくらいオッケーなのですが、設置場所が難しく、結局断念。センターコンソール当たりに放り込んでおいて、停車時に補助的に確認するというのが結局関の山でした。ダッシュボードにブラケット(ホルダーですな)を「えいや」でガッチリ貼り付ければオッケーじゃない? と何度も悩んだのですが、これも愛車の特殊な事情で二の足を踏んでおります。ちなみに特殊な事情というのは、ダッシュボードの表皮がPVCやらプラでなく、リアルレザーなのです。もちろん物理的に貼れない事はないのですが、「せっかくのコノリーレザーにべっとりノリを貼るのはどうよ?」などと貧乏性全開で思い切れませんでした。

で、まあ、現在に至るわけです。
現在というのはアホでオバカな純正カーナビと「折り合いを付けながら」付き合っているという状況です。
なんだかんだいって、「全く違う場所へ連れて行かれる」ことは滅多にありません(過去に一度ありましたが)ので、最終的には目的地に付けるだろうという諦念の人になっているわけです。
かなり悟りの境地に近づきつつあります。
これはまあ私の性格とドライビングスタイルが「せっかち」系ではないからだと考えております。

そんな折り、こういうモノが発売されると聞き及び、
「これなら……ガラスエリアのプラエリアに貼り付けられるんじゃ??」
と色めき立っております。
まだ実車の想定場所のサイズチェックをしていませんが。
かなり小型で、HUDなので視線移動も少なくて済みそうで安全だし是非導入したいのですが、多分サイズ計ったらダメだろうなあ……でも使ってみたいなあ……最悪レザーに貼っちゃう? 貼っちゃう?

と、またもや悩み中。

ちなみに純正ナビ、上位グレードは高性能オーディオシステムと込みで標準装備なのですが、下位グレードでは40万程度のオプションだそうです。ナビついてなくてもインフォメーションセンターはついているので画面などはそのまんま。要するにディスプレイのないDVDドライブみたいな箱がカーナビ本体で、それが40万円だそうです。
私のような普通のサラリーマンの感覚では悪い冗談にしか聞こえませんが、どちらにしろ社外品の後付けは基本的にムリなのでインダッシュのナビが欲しければ、その冗談を真に受けるしかないわけです。
今時DVDナビというのもすごいですが、新しいバージョンのDVDを入れ替えるだけで最新版の地図データに変更になりますので、ある意味便利ではあります。
そうそう、その地図データは毎年新しくなっているようですが、3万円するそうです。そう、DVD一枚のお値段です。
日本の大手メーカーのカーナビなんて、三年間無償バージョンアップ付きとかがもはやフツーなのに、足元見やがって! としか言いようがありませんね。
もっとも日本のメーカーだってちょっと昔は同じような金額取られてましたケド。

ということでアップルストアの発売日まではまだ一ヶ月程度猶予がありますのでじっくり考えてみたいと思います。
ええ、覚悟決めるか、チキンな性格に呑まれるか……こうご期待。

※画像はGARMINさんから拝借しました。