趣味と暮らしにまつわる「モノ」に一喜一憂するブログ

★XC60の2015年モデルが発表された ~納車待ちの日々編 その14~

クルマ

(初出:2014/10/02)

昨日、つまり2014年10月1日に、VOLVOからXC60の2015年モデルが発売されました。
「ふーん」と思って公式webサイトに行くと、確かついさっきまで2014年モデルだったよね? 的なサイトがシレっと2015年モデルにリニュアルされておりました。
2015年モデルは2014年までの「黄土色押し」から「白押し」にかわってます。
表紙のモデルは地味子と同じクリスタルホワイトパール……じゃないかと思われます。

2015年モデルが既に欧米では発売されており、日本でも2015年モデルが導入されるのはわかっていて敢えて2014年モデルを選んだので当然ながら心穏やかにこのニュースを呼んだわけですが、後悔していないというのは興味がないという事とイコールではないので、もちろんチェックしてみました。
と言うわけで、今回も2014年モデルの地味子と2015年モデルの比較を備忘録として記録するものであります。

比較はあくまで地味子、つまりXC60のT5 SE基準のものになります。
他のグレードに興味をお持ちの方はご自身でチェックされたし。

◆まずは価格ですが、これはほぼ据え置きです。
・579万円
で、今までライン(メーカー)オプションだったセーフティ・パッケージが標準装備されました。
つまり
◆実質20万円の値下げ
です。
これ、大きいです。
要するに感覚的には地味子の値引きのうち、20万円は値引いてなかったことになるんですから。
しかも私の場合、まだ納車されてませんから、2014年モデルが。
なんだかんだいってもちょっち凹みますね。
でもまあ、想定の範囲内です。仕方ない。嫌なら2015年モデルを待てばよかった、という話ですし。
考え方を変えれば、今現在、在庫で残っている2014年モデルを狙う人はそもそもセーフティパッケージ分は「付いている」事が前提(おそらく在庫車は全部ついている)でそれは最初から値引いてもらって、その上乗せ値引きの話をする格好になって、望外の値引きを引き出せるのではないでしょうか。
タマが残っていれば、ですが。
まあ、こんな事を考えているとアレです。
以前から言われてましたが、VOLVOはリセールなんてマジで見込めないブランドだな、と思いますね。
一時期のマツダみたいに。(・∀・)

◆他にもいくつかめぼしいものがあります
・ネットに繋がってInformationをゲットできる(ヨーロッパでは既に導入されていたのでようやく)
・カーナビの地図更新が無償(年一回らしいです。一年点検をゲットする為のエサでしょうね)
・システムへのアクセスに音声認識機能が付いた
・マニュアルが電子化されて画面で呼び出し可能になった

こんな所でしょうか。
地味子には付けられなかったラインオプションのうち、私が欲しい以下のギミックは2015年モデルでも標準装備にはなりませんでした。
・パノラミックガラスサンルーフ
・パワーテールゲート
・ステアリングヒーター
・自動防眩サイドミラー
付いてたらちょっと悔しいなあ、なんて思っていたのでセーフ?
まるで他人が自分と同じだけ不幸なのを見て安心するような、外道な気持ちですが、まあこれが人間の性ってやつですよね?
ね?
とにかくこの4つはEVOQUEに付いていて非常に役に立った機能なので、地味子についてない事がいまだに残念でなりません。

あ、そうそう。
オーディオが、ダイナオーディオからハーマンカードンへ変わってました。
個人的なイメージではコンサバなハーマンカードンよりダイナオーディオの方がいいと思うので、ここはラッキー。

以上。
見落としている部分もあるかもしれませんが、こんな所でしょう。

欧州車は昔からモデルイヤーでガラっと変わるところがありました。最近は国産もそれに倣っている車種もあるようですが、この手のチェンジはどんどんやってしかるべきだと思います。
四年間、あるいは八年間変わらないなんてナンセンスです。どんどん進化していって欲しいですね。
そりゃあ、自分の車が古く思えるのでガッカリする場合もあるでしょうけど(ACC搭載とかBLIS搭載とか、えっと、あとACC搭載とか!)、私はそれよりもクルマが進化するのを見るのはワクワクします。

挙げた項目のうち、直接車の性能と関係ないものが一つだけあります。
カーナビの地図更新です。
これは既存ユーザーにもやるべきじゃないかなあ。
もちろん地図がアップデート可能なナビを持っている人だけになりますが。
ただ無料でアップデートしますね、じゃなくて1年点検を入れてくれた顧客向けのサービスキャンペーンみたいなものでいいと思うんです。
VOLVOがやれば他のインポーターもやり始めるでしょうけど、VOLVOがはじめたという事で顧客のブランドに対するシンパシィは必ず上がると思うんですよね。

というか、いまだにVOLVOのディーラーの営業氏からは車検証のコピーが届きません。
9月登録なので当然存在しているブツなはずで、こちらとしては任意保険の車両入替をチャチャっとやっておきたいわけです。料率クラスはEVOQUEと同じようなので大きな差額は発生しないでしょうけど、それでも同じ金額のクルマの初年度の車両保険金額は違ってきますから追加料金を払い込む必要もありますし、こっちも日中は色々あって損保会社にいつでも連絡できるわけじゃねいですからね。
「PDFですぐに送りますから!」
なんて調子のいいことを言ってたのにこれですから、今度の営業氏もハズレかも知れません。
まあ、打っても全然響かなかったEVOQUEの最初の営業氏よりは普通にレスポンスのいい会話ができましたし、色々便宜を図ってももらえましたし、1024倍以上素晴らしい営業氏なのですが、約束はきちんと守ってもらわないと今後が不安になりますよねえ。

ということで「うーむ」なエントリーでございました。