趣味と暮らしにまつわる「モノ」に一喜一憂するブログ

★I am a Seventeen 【early 2011 MacBook Pro 17inch】IV

PC IT系

(初出:2011/04/09)


(XZ1/換装後の光学ドライブベイ。右が取り外したDVDスーパードライブ)

ポチ翌日着という、素晴らしい日本のロジスティクスに乾杯しつつ、MacBook Pro 17インチをテーブルに広げた時の第一印象は……

「でかっ!」


いやいやいや。
これは裏返すとMacBook Proの15インチもでかいという事です。
でも、それでも全然平気な私です。
でかいけど、それは普段使っているVAIO Zが横に並んでいるからです。
相対的にでかいだけで、絶対的にでかいわけでは……

いやいやいやいや。
あのですね。
実は私は17インチ超の、18.4インチというサイズのノートPCを使っていた時期があるんですよ。

その名もVAIO Type A。
こういうヤツです。

スペック | Aシリーズ | 製品情報 | 個人向け | VAIOパーソナルコンピューター | ソニー

★サイズおよび重量(カッコ内はMacBook Pro 17インチ)
高さ:3.97 cm(2.50)
幅:43.7 cm(39.3)
奥行き:28.9 cm(26.7)
重量:3.95 kg(2.99)

それも誤差だろって?
いやいやいやいや。

アレはすごかったです。
入るバッグがなくて、純正の専用バッグまで買う羽目になりましたっけ。
で、アレを持って(いや、クルマに詰んで)異動先で快適電脳書斎を……(ってもうええ)。
旅先で18.4インチの大画面を使って何をしていたかというと、フルハイビジョン解像度の画面を生かし? ブルーレイビデオを楽しんでいたわけです。
ええ、もちろんPhoto Editionの名前通り、旅先で撮影した画像も楽しんでいましたけど……。
でも、さすがにすごすぎて手放しましたねえ。
片手で持つと(そもそも重いので片手であまり持たないんですが)筐体がしなるのがわかります。ギシって言うんです。
こわ!
おまけにバッテリなんて五〇分も保ちません。
つか、バッテリで使うなよ、というPCなんですがね。

「だったらデスクトップでいいじゃん!」

とキレたワケで。
要するにあの刷り込みがあったので「17インチ?くわばらくわばら」という目で見ていたというわけですね。

でもMacBook Pro 17インチモデルのスマートな事。
なんというか、Type Aと比べるものではありませんが、あっちがフルメタルジェケットなら、MBP17は引き締まったアスリート、みたいな?
解像度なんて、Type Aより上なんですよ?
液晶自体はType Aの方がだいぶ良かった気がしますが……。

アルミユニボディは片手で持ってもミシリともいいません。剛性感があります。
というか、VAIO Zよりしっかりしてます、いやマジでマジで。

で、早速やったことは……

◆起動してみる

アタリマエですが、重要です。
だって、初期不良で立ち上がらない、とかあるんですよ(昔PowerBookで一度あった)。

起動した。
次にやることは、即終了。(^_^;
そして、

◆FIREWIRE800ポートに、ポータブルHDDケースをつなぐ
ポータブルHDDケースの中には、手持ちのintelの120GBのSSDをセット

◆電源オン
◆即、インストール用DVDをスロットに挿入
◆間髪入れずに、Cボタンを押下

これ、ちょっとタイミングがズレるとアレですが、成功するとDVDからインストーラが立ち上がります。
初代PowerBook Duo230からの筋金入りに近いMacのLaptopユーザーでもある私は、その辺のさじ加減がちゃんとわかってますから、エッヘン。(。・ω・。)

で。
HDDから立ち上がりました。(-_-;)
しかし、初代Duo230(以下略)は慌てない。

◆挿入したインストーラが立ち上がるので、インストーラを起動

これです。
で、再起動選べばOKでっさかい。

◆インストーラが立ち上がったら、いったんメニューからディスクユーティリティを起動。

◆FW800に繋がったSSDを消去(起動ディスクとして使う為にGUIDフォーマットを必ずチョイス)

◆ディスクの複製を選び、HDDの内容をそっくりSSDにコピー

ここでDVDから直接クリーンインストールをしてもいいですし、その方が好きだという人もいるでしょうが、私はめんどくさがりなのと、購入即クリーンインストールしない派なので、複製を選びました。
こっちの方が断然速いですからね。もう一度セットアップ画面見なくてすむし。

で、ものの数分で作業終了。
このあとは、

◆裏蓋を外す

◆HDDとSSDを換装(楽勝)

◆光学ドライブを外す(組み立て作業員がタコで、無線の配線をドライブユニットで噛んでたので、外すコネクタが一つ増えてムッとしました。が、楽勝です)

◆あらかじめ用意していたこれ ↓ に元々の内蔵HDDを取り付け

光学ドライブスペース用HDD/SSDマウンタ Macbay2+光学ドライブ用SATA-USB変換ケーブルセット [RGH25BAY2-004]
対応機種:MacBookProユニボディ 13/15/17インチ、MacBookユニボディ 13インチ(MC516J/A、MC207J/A) (MB467J/A、MB466J/A)光学ドライブスペースにHDD/SSDドライブの追加を可能にするマウンタと取り出した光学ドライブ用SATA-USB変換ケーブルのセットです。プ...

◆内蔵HDDを取り付けたユニットを、光学ドライブを取っ払ったスペースに装着

◆外した基板から出ているケーブル類のコネクタをつける(2カ所。ちゃんと組み立てられていたら1カ所で済むはず)

◆メモリを4GB→8GBに(2GBを2枚外して、4GBを2枚付ける)

◆蓋、装着

そして、

◆起動ボタンを押す

あ、言っておきますが、光学ドライブに入っているインストール用DVDはあらかじめ取り出しておきましょう。まあ、アタリマエですけど。

で、立ち上がるのは実はHDDでした。(光学ドライブ側のSATAから)
まあ、光学ドライブエリアにいれたHDDもちゃんと認識されている、という事ですからオッケーです。
起動ディスクをSSDにして、再起動。

じゃーん!
普通に立ち上がりました。
起動、速い!
Airほどの速さはないけど、SSD入りのVAIO Zの半分以下でしょう。
ええ、体感です。
面倒だから計測してません。

起動したあと、一通りファインダを動かしたりコピーしたり、Safariを立ち上げたりして問題が無いようなので、システムのアップデートをサクっとやって、あとは珈琲を飲みつつ、音楽聞きつつ必要なアプリケーションなどをインストールして、基本的な設定は終了でした。

今回チョイスしたのは、いわゆる「吊し」のモデルです。
カスタマイズは選びませんでした。
グレアかノングレアかでちょっとだけ悩みましたが、私の場合はもうノングレアでなくてもオッケーなので。ノングレア必須な体質でなくて良かったです。
メモリも手持ちのメモリが使えそうだったんですが、相性を懸念してMac系のショップで動作確認したものをポチっていましたので、それを付け替えました。
CTOよりも相当安いのもポイントですね。

ということで、つづく